巨大すぎやしないか湯婆婆。GWは都内で『鈴木敏夫とジブリ展』へ

2019.04.19
122
by MAG2 NEWS編集部(シュウマイ)
sub5
 

愛おしいゴールデンウィーク(GW)まであと1週間。今年のゴールデンウィークは、なんといっても10連休ですから楽しみで仕方がありませんね。ところでみなさん、ゴールデンウィークのご予定は決まりましたか?
旅行する方もいればまだ予定が決まっていない方もいるのではないでしょうか。そこで今回はこちらをご紹介します!(ドン)

main

なんと、2019年4月20日(土)から5月12日(日)まで、神田明神に新設された文化交流館「EDOCCO」内にて、『鈴木敏夫とジブリ展』が開催されているのです!ジブリ好きの方必見の展覧会でございます。

なんと会場には約3mの超巨大「湯婆婆と銭婆の”開運・恋愛”おみくじ」や東京会場で初めてのお披露目となる、スタジオジブリの敏腕プロデューサー鈴木敏夫氏の直筆の書やイラストなどが展示されています。

sub1

さらに映画『千と千尋の神隠し』でおなじみの油屋(ゆや)の巨大立体模型などが登場!まるで映画に飛び込んだような雰囲気ですね。今回、見どころのひとつである「湯婆婆と銭婆の”開運・恋愛”おみくじ」では、湯婆婆が恋愛は恋愛、銭婆は開運についてアドバイス(?)してくれるそうですよ。

sub5

大きく開いた湯婆婆と銭婆の口のなかに手を入れるとお札が引けるので、そのお札にある番号と一緒の番号が書かれた薬棚からおみくじを取り出す仕組みとなっています。まるで釜爺(かまじい)の仕事場みたい・・・!

また、鈴木敏夫氏による書やジブリ作品の資料を用いて、同氏の「原点」から「今」を紹介しています。映画『風の谷のナウシカ』や『千と千尋の神隠し』、『風立ちぬ』など、あの名シーンを思い出しながらジブリの世界観をじっくりと楽しめる展示会となっています。

sub6

展覧会では一般来場者でも撮影可能な展示が4つ設けられているので、思い出作りにもぴったりですね。2019年4月20日(土)から5月12日(日)まで、23日間中は無休で開催されます!ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか!

・スポット詳細記事(TRiP EDiTOR)
>>>神社の境内でライブも文化体験も。神田明神「EDOCCO」誕生(掲載日2019/01/24)

開催概要

  • 会場 : 神田明神 文化交流館「EDOCCO」内 神田明神ホール <御茶ノ水駅 徒歩5分/秋葉原駅 徒歩7分>
  • 会期 : 2019年4月20日(土) ~ 5月12日(日) ※計23日間、会期中無休
  • 時間 : 10:00 ~ 18:00 (最終入場 17:30) ※営業時間は今後変更になる可能性がございます。
  • 主催 : 乃村工藝社、ローソンエンタテインメント
  • 協賛 : パルグループホールディングス、日清製粉グループ
  • 特別協力 : スタジオジブリ
  • 企画協力 : 博報堂DYメディアパートナーズ、ムービック・プロモートサービス
  • 展示協力 : ア・ファクトリー
  • 協力 : 第一興商、江戸総鎮守 神田明神
  • 入場料 : 当日券: 大人1,300円、中高生800円、小学生600円
  • お問い合わせ : ghibli-suzuki@nomura-g.jp (一般問い合わせ用窓口)
  • 公式アカウント: (Twitter)https://twitter.com/ghibli_suzuki
  • (Instagram)https://www.instagram.com/ghibli_suzuki/

source: PR TIMES

※掲載時の情報です。内容は変更になる可能性があります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 巨大すぎやしないか湯婆婆。GWは都内で『鈴木敏夫とジブリ展』へ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい