持ち続けるべきは好奇心。「なぜ?」と聞ける人間が優れている訳

shutterstock_436596355
 

子供の頃、家族や先生に「なんで?」「どうして?」とよく聞いていたけれど、大人になるにつれ物事に疑問を持たなくなってゆく…。それは大変「もったいないこと」なのかもしれません。今回の無料メルマガ『起業教育のススメ~子供たちに起業スピリッツを!』では著者の石丸智信さんが、好奇心を持ち続けることの大切さを説いています。

好奇心、疑問を持つ

「好奇心が強いほうでしょうか?」
「『なぜ?どうして?』という疑問を投げかけることが多いでしょうか?」

これまで、書籍や講演などを通じて、起業家や経営者など、何らかの成果、価値を生み出してきた人たちを見聴きしていると、物事に対して好奇心の強い人疑問を持っている人が多いように感じます。

また、疑問を持つことに関する言葉を調べてみると、様々な名言が出てきます。例えば、アインシュタイン氏の言葉をして挙げられていた名言は、

大切なのは、疑問を持ち続けることだ。神聖な好奇心を失ってはならない。

懐疑は、発明の父である。

この名言は、ガリレオ・ガリレイ氏の言葉として挙げられています。

旺盛な好奇心のもと、「なぜ?どうして?」という疑問を投げかけることは、自立・自律型人財のひとつの特徴なのかもしれません。ですが、好奇心が旺盛な人であったり、常々疑問を持っている人であったり、こういった人たちは、「しつこいわずらわしい考えすぎこだわりすぎ」などと誤解されることがあるように思います。現実に、「なぜ?どうして?」という疑問を連発されると、面倒くさい、やっかいだと思う人も多いのかもしれませんね。

「なぜ?どうして?」という好奇心、疑問を持つことを習慣化することで、周りの人たちが、当たり前だと思っている、満足だと思っている状況、物事などに対して、「このままでいいのだろうか?」「本当にこれでいいのだろうか?」などと、自らに問うことができるのでしょうね。

このように疑問を持って考え続けるからこそ、周りの人たちには見えない気づかないことに気づいていくのでしょうね。だからこそ、問題を解決することができたり創造的なアイデアを生み出したりすることができるのではないでしょうか。

何気ないことでも、「なぜ?どうして?」と疑問を持つことによって、問題解決アイデアのネタとなるようなことが見つかることもあるのでしょうね。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 持ち続けるべきは好奇心。「なぜ?」と聞ける人間が優れている訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい