丸山議員「辞職勧告」決議、与野党に呼びかけへ。本人は反発も

2019.05.15
530
by gyouza(まぐまぐ編集部)
D2_FuoCU4AAleR7
 

北方領土・国後島への訪問団に参加し、11日夜に、訪問団長へ「(ロシアと)戦争しないとどうしようもなくないですか」などと発言して日本維新の会に辞職願を提出した丸山穂高衆院議員(35歳、大阪19区)について、「除名処分」を決めた維新は、「辞職勧告決議案」の衆院への提出を与野党に呼びかける方針を固めたと、朝日新聞などが報じた。この発言については、ロシアの議員からも批判の声が挙がり、日本国内でも波紋を呼んでいる。

与党内にも賛同する声が出ており、仮に自民党が賛成に回った場合は決議案が可決されるという。これに関連して、野党の立憲民主党・福山氏も「議員辞職に値する」と発言している。

維新の松井代表は14日、丸山氏に対して「議員辞職すべきだ」と発言していた。丸山議員は14日午後5時に自身のツイッターを更新し、議員は辞職せずに無所属で議員活動を続けていくと表明している。

また15日午後17時台には、自身の辞職勧告決議案の提出に関する動きついて、以下のようにツイートした。

こうした事態に、所属していた日本維新の会にもネット上で批判の声が出ている。

Twitterの反応

 

今後も、丸山議員のツイートや言動に注目が集まることは間違いない。(随時更新)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: 丸山ほだか公式Twitter

印刷する

人気のオススメ記事

  • 丸山議員「辞職勧告」決議、与野党に呼びかけへ。本人は反発も
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい