家電も見た目が9割?エアコンに600色用意したダイキンの本気度

671637938671637938
 

インテリアにこだわりを持つ人やSNSでの「映え」を家選びの基準にする人が増えてきている昨今にあって、エアコンをインテリアの一部として考える企業が注目を集めています。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、ダイキン工業が展開する「risora」というエアコンに注目し、同社の戦術と戦略を分析しています。

消費者の立場に立って考える

今号は、注目を集めている「エアコン」を分析します。

● 株式会社ダイキン工業が展開しているエアコンブランド「risora(リソラ)」

戦略ショートストーリー

自分の部屋に合わせてエアコンを選びたい方をターゲットに「デザインへのこだわり」に支えられた「自分の部屋に合ったエアコンが見つかる」等の強みで差別化しています。

エアコンが理想の空間づくりの一部になってくれるという価値が高く評価されており、3Dシミュレーションなどをとおして確認できることも、顧客から支持されています。

■分析のポイント

これまでエアコンを提供している各社は機能を向上させることで差別化を図ってきました。これは、エアコンを部屋を冷やしたり、温めたりすることで部屋の状態を快適にする道具として見てきたことの表れです。

そのような中でダイキン工業の「risora(リソラ)」は、機能に加えて理想の空間づくりに貢献する道具として位置付けています。言い換えれば、エアコンをインテリア(室内装飾品)と考えたということですね。このことが新しい価値の提供につながっていると思います。

インテリアと言えば、カーテンや壁紙などが該当しますが、壁紙の色を変えたことに合わせて、カーテンの色を変えることはあっても、エアコンの色を変えるという発想はいままでなかったですからね。ですから、自分の部屋を理想の空間にしようとしてもエアコンがネックになってしまうこともあったはずです。

以前、ログハウスに宿泊したことがありますが、壁も床も天井も木材である空間に、白いエアコンが付いていることで、雰囲気を壊しているように感じたことがあります。もし、木目調のエアコンであれば、馴染んでいたかもしれませんね。

そういったことから考えても正面パネルを600色から好きな色に塗装できるサービスは特にインテリアにこだわる方にとっては、価値あるサービスと言えるでしょう。

大手家電メーカーが提供している家電製品(電話、冷蔵庫、TV、洗濯機など)には、パネルの色を600色から選べる(カスタマイズできる)ようなサービスは見当たりませんので、ダイキン工業の「risora custom style(リソラ カスタム スタイル)」が消費者の立場に立って考えられたサービスであることが際立っています。

今後、ダイキン工業のエアコン「risora(リソラ)」が消費者にどのように受け入れられていくのか、そして、様々な家電にカスタマイズできるサービスが広がっていくのか注目していきたいです。

 

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 家電も見た目が9割?エアコンに600色用意したダイキンの本気度
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい