【書評】厚労省の本音は「1円も年金を受け取らずに死んでほしい」

 

厚労省が考えているのは「多くのお年寄りが72歳を超えるまで受給を遅らせてくれると年金支給総額を圧縮することができ年金財政的に助かる」ということらしい。もっと言うと「1円も年金を受け取らずに高齢者が死んでくれると助かる」ということだ。そうはいっても、多くの高齢者は受給開始年齢を遅らせる余裕はない。

一部の富裕層は受給開始を遅らせられるが、一般的に富裕層ほど長生きである。健康管理をしっかりしているからだ。富裕層は超高額の年金を超長期にわたって受け取る権利を得られる。さらに、公的健康保険が使えるようになった新種の抗がん剤は、近い将来がんが克服される時代を予感させる。そうなると平均寿命はさらに延びる。年金額は死ぬまで保証されるから、長生きするほどお得である。

ということは、年金制度という大きなプールに入っているお金が減り、制度の将来像も危うくなる。「厚生労働省は本当にアホです。若い皆さんこんな連中に制度を預けておくとホントに皆さんの老後は暗いですよ」と辛坊はいうが、じゃどうすればいいんだ。わたしはとっくに年金生活者で肩身が狭い。若い人に申し訳ない。

編集長 柴田忠男

image by: Shutterstock.com

日刊デジタルクリエイターズこの著者の記事一覧

デジタルメディアで活躍する現役クリエイターたちのコラムで構成されている本格派。総発行部数約16000! 真のクリエイターを目指している方からデジタルに関わる方まで、すべてに向けて発行中!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】 』

【著者】 日刊デジタルクリエイターズ 【発行周期】 ほぼ日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】厚労省の本音は「1円も年金を受け取らずに死んでほしい」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい