沈みゆく韓国。世界から総スカンを食らう文在寅の「退陣」秒読み

shutterstock_1326511427
 

令和の世とともに、日本のマスコミの関心は明らかに落ちて、時間も紙幅も割かなくなっている隣国、韓国の状況はどうなっているのでしょうか。知人から『もうこの国はだめかもしれない』との言葉を聞かされたというのは、シリアにて拘束されていたジャーナリスト・安田純平さんとの公開対談も6/19に予定されているメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で、国際交渉人の島田久仁彦さん。島田さんがこれまで指摘してきた国内外の文政権離れの状況は、ただただ膨らみ、悪化する一方で「完全に詰んでいる」と、知人の心配を裏付ける分析を展開しています。

沈みゆく韓国:文大統領“退陣”へのカウントダウン?

『もうこの国はだめかもしれない』。今週に入って、ソウルにいる政府関係者(韓国)から連絡が入りました。私はあまりこの種の情報はまともに取らないようにしているのですが、話を聞いているうちに『これは深刻な状況なのかもしれない』と感じました。それはなぜか。

1つ目は、外交に関して、文大統領の“嘘”に国民が気付いてしまったことです。外向きには、八方美人外交をしているように見せかけていますが、どの国からも相手にされず、今や四面楚歌の状況です。

その引き金は、以前にもお話した第1回米朝首脳会談後の“誰にも頼まれていない”各国行脚でした。特にバチカンを訪問し、ローマ教皇に謁見した際に、北朝鮮訪問を依頼したことは、欧州各国およびラテンアメリカのキリスト教諸国を呆れさせました。その後、決定打となってしまったのが、第2回米朝首脳開催の話を事前に知らされていなかったらしいということでしょう。

『北朝鮮のspokesperson?』とまで揶揄されるほど、北朝鮮の代弁をして回っていますが、その北朝鮮からもアメリカとのやり取りは伝えられず、すでに見放していたアメリカからも、もちろん知らされないまま、第2回会合の報道が出て大慌てしたそうです。

何とかワシントンDCに頼み込んで、『今回も文大統領が仲介の任を果たした』という見せかけをしてもらったようですが、その情報が最近になって国内外交当局から洩れ、与野党関係なく議会からは突き上げられ、国民の支持も一気に下がってきているようです。

そもそも韓国が国際問題の仲介を果たせると信じていた国民もどうかと思いますが、文大統領の嘘がここになってクローズアップされ、一気に信用を失ったばかりか、今や『韓国国民の顔に泥を塗った!』とさえ糾弾され始めているようです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 沈みゆく韓国。世界から総スカンを食らう文在寅の「退陣」秒読み
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい