香港の成人向けサイト「デモで休止」の衝撃。中国に再び猛抗議

2019.06.12
357
by gyouza(まぐまぐ編集部)
画像提供: 蘋果日報画像提供: 蘋果日報
 

去る9日に香港で行われた、刑事事件の容疑者を中国へ移送が可能となる「逃亡犯条例」の改正に反対する市民らの大規模なデモ。主催者発表では103万人が参加したというデモの「第二弾」が12日、再び香港の国会にあたる建物周辺で行われています。

香港で再び大規模デモ。成人向けサイト「デモ参加のため休止」に称賛の声

9日、香港で100万人規模のデモが発生しました。これは日本のテレビニュースでも多く取り上げられましたので、知っている方も多いかと思います。

● 中国に激怒。香港103万人デモに吊し上げられた習近平の崖っぷち

デモの発端は、いま香港の国会にあたる「立法會」で、刑事事件の容疑者を中国本土に引き渡せるようにする「逃亡犯条例」の改正案が成立しようとしているからです。この改正案によって、香港市民は「冤罪なのに中国本土で不公平な裁判にかけられる可能性がある」と懸念の声が挙がっています。

そこで9日の大規模デモに続き、同改正案が20日にも採決される見通しから、再び12日午前より大規模な抗議デモがおこなわれています。日本のメディアも、数万人の学生が香港の議会を包囲したと伝えました。

ことの深刻さを表すニュースとしては、ある成人向け動画サイトの香港版が12日のデモに参加するため、サイトを休止すると発表したことです。

スクリーンショット 2019-06-12 14.59.59

翻訳:「AV01.tv 香港エリア、サービス停止。今まで、あなたは身を隠し、黙って「政治に無関心な香港人」として生きていても大丈夫だと思っていたかもしれないが6月12日以後、それを隠すことはできなくなる。いま立ち向かわないと、反抗するチャンスは無くなるかもしれない。」(同成人向けサイトのGoogle検索結果より)

翻訳:「よく考えたら、この社会的な事件がアダルトサイトにさえも支持されているというのは、かなり深刻な事態です。香港がんばれ。」(台湾の市民運動サイトFacebookより)

この12日の大規模デモは現在、香港の大衆紙「蘋果日報」(アップルデイリー)のYouTubeチャンネルでライブ配信されており、香港市民の抗議の様子を見ることができます(12日15時現在)。

なお、香港では立法會で審議されている同条例の改正案について、日本時間12日正午から本会議で審議が行われることになっていましたが、学生ら数万人が道路を占拠して抗議したことにより、審議の一時的な延期を発表しています。

しかし、同改正案を「撤回」した訳ではないため、いつ議会を再開してもおかしくない状況だと、デモに参加する香港人の方からの情報もあります。引き続き香港市民による抗議活動はおさまらないと見られており、2014年におこなわれた「雨傘運動」に続く大規模かつ長期的なデモになりそうです。(随時更新)

日本人のTwitter上の反応








画像提供: 蘋果日報(台湾)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 香港の成人向けサイト「デモで休止」の衝撃。中国に再び猛抗議
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい