英メーガン妃でも話題。米で常識の婚約指輪のアップグレードとは

shutterstock_360415304
 

女優の蒼井優さんは婚約指輪は必要ないと言ったようですが、左手の薬指に贈り物のリングをすることを夢見る女性がいなくなったわけではありません。『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNY在住のりばてぃさんは最近、友人の婚約指輪選びに付き合ったそうで、日本とは少し違うアメリカの婚約指輪事情を教えてくれました。なかには、「婚約指輪のアップグレード」という日本にもあったらいいな、と思える仕組みもあるようです。

アメリカでは婚約指輪が半額セールに?

(1)婚約指輪

日本でも6月はジューンブライドといって結婚式が多くなる月だが、アメリカでも同様で、6月を中心に秋までの季節が良いこの時期は結婚式が多い(アメリカの場合は、ジューン・ブライドという理由の他に夏休みを取りやすい時期という理由もあるようだ)。

そんな流れの中で、友人の1人がこの度、晴れて婚約することとなった。通常なら、片膝をついて小さな箱を開けて、「Will you marry me?」(僕と結婚してください)「Yes!!」(はい!!)…となるのが定番の流儀として、結婚を申し込まれる。

非常に憧れのシチュエーション。ニューヨークでも度々みかけるシーンだったりする。おそらく、在住者以外にも、憧れの街とか、旅行に来た記念にプロポーズするという人も多いのだろう。

ご参考:
映画のワンシーンじゃありません

でも、友人カップルは今回この行程をひとまず後回しして、婚約指輪を彼女が先に選ぶことに。そして、彼女の最初の指輪選びの視察におつきあいすることとなった。

友人カップルは互いに2度目の結婚ということと、彼女の好みがかなりこだわりがあるということで、彼氏から「先にどれが良いか選んできなよ」と言われたのだそうだ。

それで、1人ではきっと決められないからということでついていくことになった。その時の経験が少し興味深いものだったので今回のメルマガではそのお話をしようと思う。

(2)購入先は、アウトレットモール?

アメリカで婚約指輪を購入する場合は様々なオプションがある。世界的にも有名なティファニーなどの高級ブランドで購入するという人もいれば、ニューヨークの場合は、ユダヤ系の方々が経営する宝石ショップが並ぶ「ダイヤモンド・ジュエリー通り」(Diamond Jewelry Way)でという人もいる。ちなみに場所は47丁目の6と5番街の間

ご参考:
NYミッドタウンの6番街沿い、42~50丁目付近をお散歩

今回は、7月4日の独立記念日のホリデーに合わせて半額セールをしていたニュージャージー州にあるプレミアム・アウトレットにみにいくことに。ダイヤの婚約指輪が半額!?ということだけでも驚きだったが、アウトレットというのもなかか興味深い。

日本で婚約指輪が半額セールになっていたりアウトレットで選ぶことってあまり無い気がするがいかがだろうか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 英メーガン妃でも話題。米で常識の婚約指輪のアップグレードとは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい