韓国の副首相、日本の「輸出規制」撤回を要求。国会も決議の動き

2019.07.08
307
by gyouza(まぐまぐ編集部)
46622986944_8bb8a28f3b_k
 

日本政府による輸出規制強化を受け、韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政相は8日、経済担当閣僚を集めた会議を開き、日本政府に措置の撤回を求めたと共同通信中日新聞などが報じた。韓国国会でも撤回要求決議の動きが本格化しているという。


共同通信によると、洪氏は日本の規制強化は世界貿易機関(WTO)の協定に反し「韓国企業はもちろん日本企業、グローバル経済全体に否定的影響をもたらすと憂慮される」と述べ、また韓国企業の「被害の最小化」を図ると強調したという。

韓国の「輸出規制」をめぐっては、日本側が「徴用工」問題の対抗措置として発表。外国為替及び外国貿易法(外為法)上の「ホワイト国」から韓国を外し、有機ELディスプレイや半導体製造過程に必要なフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の3品目について、韓国を包括輸出許可制度の対象から外して、個別に1件ごと許可を受けなければならなくした。

【参考記事】● 韓国の自業自得。日本「輸出規制」発表で焦った隣国の右往左往

このニュースについて、日本のTwitter上では、「まだまだこれから」「ハッキリ要求をお断りします」など、さまざまな意見が投稿されている。

Twitterの反応






※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 共同通信中日新聞

image by: 한국은행 , Flickr (CC BY-SA 2.0)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国の副首相、日本の「輸出規制」撤回を要求。国会も決議の動き
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい