「中国悪魔化」に舵を切ったイギリス。欧州で燃え上がる反中の炎

shutterstock_1421312693
 

香港で続いている大規模なデモをめぐり、中国とイギリスの関係が急速に悪化しているようです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、イギリスが中国に発した「警告」と、日本が見失ってはいけない方向性について解説しています。

香港問題でイギリスが中国に「重大な結果」を警告!

世界で今注目されていることといえば、イランと香港でしょうか。皆さんご存知のように、香港では、100万人デモ200万人デモ議会一時占拠などが起こり、混乱しています。

香港といえば「元イギリス」ですね。そのイギリスが中国に警告」を発しました。

中国と英国、香港の抗議行動めぐり関係悪化

7/4(木)9:26配信

 

【AFP=時事】中国の特別行政区・香港での大規模な抗議行動をめぐり、中国と英国の関係が急速に悪化している。中国は3日、英国に対し「さらなる介入を慎む」よう求め、英国は駐英国の中国大使を呼んで抗議した。かつて英国の植民地だった香港で発生した抗議行動は22年前の中国返還に際し結ばれた歴史的な合意に内在する緊張をよみがえらせた。

中国とイギリスの関係が急速に悪化しているそうです。

英国のジェレミー・ハント(Jeremy Hunt)外相は中国に対し、抗議行動を「抑圧の口実」にしないよう要請。中国が22年前に英政府と交わした約束に違反することがあれば「重大な結果」がもたらされると警告した。
(同上)

「中国が22年前に英政府と交わした約束」とは、いうまでもなく、「返還後50年間つまり2047年まで一国二制度を維持する」というやつです。中国はこれに違反している。違反すると「重大な結果がもたらされる」そうです。

中国側の反応は

ハント氏の発言に中国は反発。中国外務省の耿爽(Geng Shuang)副報道局長は北京での定例記者会見でハント氏に言及し、「(ハント氏は)英国植民地主義の過去の栄光にひたって空想にふけり、他国を見下し意思表示をする悪い癖があるよう」だと述べた。

 

さらに耿爽副報道局長は「香港は今や母国に返還されたことを今一度強調する必要がある」と述べた。
(同上)

「内政干渉するな!」ってことですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「中国悪魔化」に舵を切ったイギリス。欧州で燃え上がる反中の炎
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい