獣医師が教える。ぴったりサイズの「エリザベスカラー」の作り方

shutterstock_1150846451
 

手術やケガのあとに、傷口を舐めたり引っ掛けないようにクビに装着する保護具「エリザベスカラー」ですが、サイズが合わずにストレスを感じてしまう犬や猫がいるようです。そこで、メルマガ『佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス』の著者で獣医師の佐藤先生が、100円ショップに売っているグッズで愛犬、愛猫にぴったりサイズの「エリザベスカラー」の作り方を教えてくれました。

愛犬・愛猫のサイズにあう「エリザベスカラー」の作り方

ケガや病気、手術後などに、傷口を舐めたり、引っ掛けないように必ず、病院に行くと、付けられる「エリザベスカラー」。首の大きさでサイズを決めるために、マズルの長い小型犬の子はサイズがあわなくて、困ることがあります。

首の大きさに合わせると、マズルが出てしまい、傷口を舐めてしまうことになります。マズルに合わせると、首まわりが大きく、ガムテープになどで止めなければならない為、首が重くて、ご飯やお水を飲まなくなる子もいます。

そこで、愛犬や愛猫の体に合う、エリザベスカラーを使うにはどうしたらいいのでしょうか?それは、作ってしまえばいいのです。100円ショツプで簡単に材料はそろえられますので、参考にしてほしいです。

100円ショップの材料で簡単「エリザベスカラー」の作り方

1)材料

  • PPシート(半透明)1枚又は透明ファイル
  • 隙間テープ
  • マジックテープ
  • コンパス
  • ハサミ
  • メジャー

2)サイズを測る

  • 愛犬、愛猫の首まわりをはかります。
  • その後、首の付けねから鼻先までをはかります。

3)シートに型紙をおこす

  • 首まわりの大きさを円にします。
  • 円の外から首の付けねから鼻先までの長さの線をひきます。
  • 首まわりの丸をきりぬき、全体を扇型に切ります。
  • 2センチくらいのりしろを作ります

4)首まわりの内側にクッションをつける

  • 隙間テープを、首まわりの内側につけます。
  • 隙間テープのクッションをPPシートの外側に付けていきます。
  • あとは、首の大きさにあわせて、マジックテープをつけます。

出来上がりです。

まとめ

エリザベスカラーは、愛犬や愛猫にとってストレスです。大きさが合わないと、ご飯やお水を飲むときにお皿にぶっかるため、嫌でご飯やお水を摂らなくなってしまうこともあります。

少しでも、愛犬や愛猫の不快感をとってあげて、ケガや病気を治してあげてください。

image by: Shutterstock.com

佐藤貴紀(獣医師)この著者の記事一覧

satoutakanoriペットは言葉が話せません。痛い時も、嫌な事も飼い主さんたちに伝える事が出来ません。このメルマガでは、そんなペットたちと一緒に快適に過ごす為にはどうしたらいいのか?そして、家庭で簡単に応用できる知識までお伝えしていきたいと思います。病気以外の事も獣医の目線から発信していきたいと思います。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 佐藤貴紀のわんにゃんアドバイス 』

【著者】 佐藤貴紀(獣医師) 【月額】 初月無料!月額864円(税込) 【発行周期】 毎週日曜日

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 獣医師が教える。ぴったりサイズの「エリザベスカラー」の作り方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい