親日アメリカ人が暴露、米エリート層のほとんどが反日という衝撃

shutterstock_585563876
 

私たち日本人は、米国の人々が「皆が皆親日的」とは思わないまでも、同盟国の人間として尊重してくれているはずと思い込んでいるふしがあるようですが、そんな考えは改めたほうがいいようです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが取り上げているのは、親日派米国人が執筆した一冊。そこには、「アメリカのエリートは、概して反日である」との衝撃の事実が記されていました。

なぜアメリカは【反日】なのか???

最近、自虐史観から脱却してきた日本。まことに良いことです。なぜ日本は変わってきたのでしょうか?いろいろ影響力のある先生方が、「自虐史観を捨てましょう」といいつづけてきた。

そして、アメリカ人で「自虐史観を捨てましょう」といってくれる人たちもいます。ケント・ギルバートさん、テキサス親父さん、マイケル・ヨンさん、ジェイソン・モーガンさんなどなど。彼らは、まさしく日本の恩人、宝ですね。

今日は、ジェイソン・モーガンさんの新刊をご紹介します。知らない方のために、彼の経歴から。

麗澤大学外国語学部准教授。歴史学者。日本史研究者。

 

1977年、アメリカ合衆国ルイジアナ州生まれ。テネシー大学チャタヌーガ校で歴史学を専攻後、名古屋外国語大学、名古屋大学大学院、中国昆明市の雲南大学に留学。その後、ハワイ大学の大学院で、東アジア学、特に中国史を専門に研究。卒業後は、韓国の慶尚北道英陽郡で英語教師として滞在。再び日本に戻り、翻訳に従事。2014~2015年、フルブライト研究者として早稲田大学法務研究科で研究。2015年4月、一般社団法人日本戦略研究フォーラムの定例シンポジウム「『歴史戦』をどう闘うか」に登壇し、「ナチス・ドイツと日本帝国は同類か─東京裁判史観が偏向する所以─」と題し日本語で講演。欧米社会で定説となっている偏向した歴史認識について糺した。2016年、ウィスコンシン大学で博士号を取得。一般社団法人日本戦略研究フォーラム研究員を経て、2019年4月より現職。

 

著書に『アメリカはなぜ日本を見下すのか?』『リベラルに支配されたアメリカの末路』(ともにワニブックス)、『日本国憲法は日本人の恥である』(悟空出版)、『アメリカも中国も韓国も反省して日本を見習いなさい』(育鵬社)、共著に『英語対訳で学ぶ日本』(育鵬社)がある。

これを見ると、ジェイソン・モーガンさんの大きな特徴は二つかなと思います。

  1. アメリカ、日本、中国、韓国に住んだことがある
    それで、日米中韓を比較することができる
  2. ずっと学問をされている
    真正の研究者ですね

そんなジェイソン・モーガンさんがこのたび、『アメリカン・バカデミズム―「反日」の本丸アメリカを撃て!』という、面白い本を出版しました。どんな本なのか、ジェイソンさんご自身に語っていただきましょう。

日本の平和のために、最も欠かせないものは何かというと、日米同盟です。この同盟が弱くなったり、無くなったりしたら、太平洋地域だけではなく、世界全体の平和が危うくなります。

まさしく。日米同盟が解消されたら、中国が尖閣と沖縄を奪うことは間違いありません。なんといっても中国は、「日本には沖縄の領有権もない!」と宣言しているのですから。全国民必読証拠↓

反日統一共同戦線を呼びかける中国

日米同盟が今後もつづいていくためには、日本人とアメリカ人が、お互いを尊敬しているとか好きであることが不可欠です。でないとフィリピンみたいに「米軍を追い出せ!」なんてことになりかねない。フィリピンは、1991年クラーク空軍基地から、92年スービック海軍基地から米軍を追い出した。すると中国軍がやってきてミスチーフ礁を奪ってしまった

で、アメリカ国民は、基本的に親日みたいです。しかし、アメリカのエリートは、概して反日である。そして、「反日の根源は大学にあるそうです。

アメリカの今日の問題は、リベラルと称するアメリカのエリートがつくり出してきたのです。分断政治などの汚い手段を使って、アメリカ自体を弱め、自分たちの立場ばかりを強くするリベラルは、実はアメリカのことを嫌っているのです。さらに日本のことは、もっと嫌っているとも言えます。そしてその「反米」「反日」の拠点は、アメリカ政府よりもアメリカの大学にあるのです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 親日アメリカ人が暴露、米エリート層のほとんどが反日という衝撃
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい