決裂の米国。死神ボルトンの電撃解任は日本にとって吉か凶か

shutterstock_1161356524
 

9月11日、米国の対北朝鮮やイラン政策で強硬派、死神の異名を持つボルトン大統領補佐官が解任されたことが報じられました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、北朝鮮やイランへの強気な姿勢を貫いていたトランプ外交が和解路線へ転じる可能性に触れた上で、同盟国日本へ与える影響についても詳しく解説しています。

ネオコンの大物ボルトン解任で何が変わる???

トランプさんは9月10日、大統領補佐官のボルトンさんを解任しました。

米大統領、ボルトン補佐官解任=対北朝鮮やイラン政策で対立

時事 9/11(水)1:14配信

 

【ワシントン時事】トランプ米大統領は10日、ツイッターで、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)を解任したと明らかにした。

今回は、これについて考えてみましょう?ボルトン解任は、「いいニュース」?それとも、「わるいニュース」?

ボルトンさんとは?

一言でいうと、「ネオコンの大物」です。少し経歴を見てみましょう。

1948年生まれ。1989~1993年、ブッシュパパ政権で、国務次官補。1997年、ネオコンシンクタンク、「アメリカ新世紀プロジェクト」に参加。2001年、ブッシュ(子)政権で国務次官。北朝鮮、イランなどを担当。ボルトンさんは、イラク戦争を積極的に推進しました。2005年、国連大使に就任。2018年4月トランプ政権で安全保障問題担当大統領補佐官に就任。2019年9月、解任。

彼が政権を去ることで、何が変わるのでしょうか?

トランプは、イランとの和解に動く?

ボルトンさんは、イラン問題で「最強硬派」です。イランへの空爆を主張していた。そうなると、日本は厳しい立場に立たされます。アメリカは、日本の同盟国。イランは、日本の友好国。ボルトンさんが解任されたことで、アメリカとイランは和解の方向にむかうかもしれません

そもそもイラン問題がこじれたのは完全にトランプさんの責任です。イラン核合意は、すばらしい。イランは、IAEAの監視下に置かれ、核兵器を製造するこができない。一方で、制裁は解除され、原油輸出が可能になり、イラン経済は復活してきていた。まさにWIN-WINのディールだった。

ところが、2018年5月アメリカは一方的にイラン核合意から離脱した。しかし、「すばらしい合意」であること、皆が知っている。それで、他の参加国、イギリス、フランス、ドイツ、ロシア、中国、イランは、「核合意維持」を支持しているのです。トランプさんの愚かな行為で、英仏独と、敵である中ロが一体化するという、マヌケな事態に…。

そして、トランプは、「米中覇権戦争」の真っ最中に、イランとケンカしている。まことに「戦略的でない」動きといえるでしょう。ボルトンさんが解任されてトランプがイランと和解することを心から願います

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 決裂の米国。死神ボルトンの電撃解任は日本にとって吉か凶か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい