自称・関西のルパン、都内で御用「花のお江戸に出てきた」に爆笑

2019.09.20
99
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1214165878
 

「関西のルパン」を名乗り、東京都内で1000万円以上の盗みを繰り返したとみられる46歳の男が逮捕されたと、TBSニュースNHKニュースなどが報じた。男は「関西で盗みをやり過ぎたので花のお江戸に出てきた」と供述しているという。ネット上では供述内容や名前に爆笑するツイートが多数投稿されている。

NHKニュースによると、「お縄」になったのは、住所不定・無職の小松浩道容疑者(46)。TBSニュースが報じたところによると、警視庁からの話として、小松容疑者は8月10日の未明、東京・立川市の会社事務所に侵入し50万円相当のノートパソコンなどを盗んだ疑いがもたれている。小松容疑者が古物店で大量の貴金属を売ろうとしたことから店員に不審に思われ、連絡を受けた警視庁が捜査を進めていたという。小松容疑者は「関西のルパン」を自称し、「今年は関西を中心に100件くらい盗みを繰り返したが、警察にマークされると思い、花のお江戸に出てきた。東京でも50件くらい盗みに入った」などと供述しているという。

このニュースに対してネット上では、爆笑する人が続出。「関西のルパン」なのに「都内で逮捕」、さらに「花のお江戸」などのパワーワードに笑いをこらえきれない人が多かったようでござる。

Twitterの投稿



※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: TBSニュースNHKニュース

image by: shutterstock.com

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 自称・関西のルパン、都内で御用「花のお江戸に出てきた」に爆笑
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい