中国の犬ジャッキー・チェンと真逆。香港の現状伝える歌手の覚悟

shutterstock_442780075
 

中国建国70周年を迎えた10月1日、デモに参加していた高校生が警官に実弾で撃たれるという事態が発生した香港。市民らは中国本土との対決姿勢をますます強めています。そんな祖国香港の現実を伝え続ける民主派歌手が受けた「嫌がらせ事件」を紹介しているのは、台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』でその詳細を記すとともに、中国の卑劣な手口を批判しています。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年10月2日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【関連記事】● ジャッキー・チェンは「中国の犬」。裏切られた香港人の間で反感

【中国】いま中国で起きている「五独乱華」

香港で警官が実弾発砲、抗議行動の少年危篤 北京では建国70周年軍事パレード

10月1日、中国・北京の天安門では、建国70周年記念軍事パレードが盛大に行われました。軍事パレードでは、中国の最新兵器がズラリと並び、米国本土まで到達可能で複数の弾頭が搭載できる大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風(DF)41」も初公開されました。報道によれば、習近平は演説で、「全国の各民族は一層しっかりと団結しなければならない」と呼びかけ、香港については一国二制度を堅持して長期的な繁栄と安定を維持すると述べたそうです。

習近平氏「中国の地位揺るがぬ」と米を牽制 建国70年行事

しかし、同じ日に香港では、デモに参加した高校生に対して警察官が至近距離で実弾を発砲し、危篤に陥っているというニュースも流れました。

香港デモ隊に“発砲”報道 1人撃たれたか

今回の香港の騒動では、すでに4名が香港の未来を悲観し抗議の自殺をしています。また、デモに参加した多くの市民がケガをして流血してきました。すでにたくさんの血が流されているのです。この現実を世界に知ってもらおうと活動している数名の活動家の中には、香港の歌手である何韻詩デニス・ホーさんがいます。ホーさんは、中国語と英語を駆使して、様々なメディアで香港の現状を訴えています。その活動の一環として、台北でのデモに参加したとき、事件は起こりました。

ホーさんが、台北で行われた香港を支援するための街頭デモに参加した際、背後から何者かによって赤ペンキをかけられたのです。ペンキは彼女の後頭部にべったりとつき、首筋や肩のあたりにもつきました。ちょうど彼女が街頭インタビューを受けていたときに起こった事件であり、彼女の周囲には群衆がいたため、犯人は群衆にまぎれて接近したのです。

報道によれば、即座に犯人の男2人が現行犯逮捕され、そのうちの一人は統一派団体のメンバーだったそうです。この事件を受けて、蔡英文総統はフェイスブックで、犯人は法にのっとり厳罰に処されるべきとの考えを示し、「台湾の民主主義を守る意思と決心を厳粛に受け止めよ」とも記しました。

また、行政院長や国民党もこの事件についてコメントを発表しています。以下、報道を引用します。

蘇貞昌行政院長(首相)は30日、事件について記者から問われると、台湾でこのようなことが起きたのに非常に強い憤りを感じているとコメント。台湾は民主主義と法治の国家であるとし、暴力や違法な手段で人に危害を加えることは許されないと述べた。

 

野党・国民党は29日、報道資料で事件への遺憾を表明。加害者のやり方は他人の言論の自由を尊重するという民主主義の精神に反しており、民主主義の共通の敵だとの立場を示した。

香港の民主派歌手にペンキ 蔡総統「法にのっとり厳罰に」/台湾

台湾、香港、アメリカや日本などを含め、今、全世界が民主主義、言論の自由、人権、法治国家など、国家が正常に機能するためのキーワードをどのように捉え、どのように扱えばいいのかが改めて問われているように思います。

デニス・ホーさんは、2014年の香港の雨傘革命のときから民主派としての闘いに参加しているため、すでに歌手として商業的な活動は制限されてきました。商業的な活動というのは、例えば、企業の広告や中国でのコンサートなどです。しかし、彼女は「自分の感情や思想に正直に生きてきたことに対する悔いは全くない」と言っています。

中華圏の芸能人である以上、中国市場から排除されたら歌手生命は絶たれたも同然だというのが常識です。しかし、彼女はその常識を覆したのです。彼女は2012年に同性愛者であることをカミングアウトしています。もしかしたら、そのときから彼女には恐れるものはなかったのかもしれません。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 中国の犬ジャッキー・チェンと真逆。香港の現状伝える歌手の覚悟
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい