「玉ねぎ男」は絶対に許さない。韓国市民のクールなデモの繋ぎ方

kp20191008
 

文政権が不正疑惑にまみれた「玉ねぎ男」ことチョ・グク氏を法相に強行任命して以来、チョ氏を糾弾するデモと、逆に擁護するデモとが同程度の勢いを保持し連日のように行なわれている韓国。そこには、日本で見られるデモの光景とは違う風景があるようです。今回の無料メルマガ『キムチパワー』では韓国在住歴31年の日本人著者が、あえて「韓国は、デモがクール」だと表現しその理由を解説しています。

熱い民族。デモする民族

韓国は今、大規模市民デモが華やかなりし時である。2つのデモがある。

1つは、ヂョ・グク氏を支持するデモであり、1つはヂョ・グク氏を糾弾するデモである。まったく反対方向のデモが連日とまではいかないけど、3日に1度くらいの割合で行なわれている。しかもその規模がまたすごい。

ヂョ・グク氏を支持するデモは200万人という発表があるかと思うと、ヂョ・グク氏を糾弾するデモは300万人という発表。実数のほどは両方ともよくわからない。警察も把握していないもようだ。

しかし、ニュースの画面で日本でも伝えられているかと思うけど、あの2002年のワールドカップのときよりもすごいことは一目瞭然だ。見物というしかない。

ヂョ・グク氏については、本メルマガ(「日韓関係さらに悪化必至。『玉ねぎ男』の法相任命がもたらす窮地」)でも書いた。現在は、彼の妻ジョン・ギョンシムが検察の取調べをうけているという状況である。妻ジョン・ギョンシムの調べの結果がどう出るのかは今のところわからない。どうもあまり芳しい結果が出ないんじゃないかと世間では騒がれている(つまりお縄となるような決定的な証拠がつかめずにおわるんじゃないかということ)。

娘の表彰状偽造に使われたと疑われるノートブックが見つからないようだし、娘の表彰状偽造に使われたと疑われるノートブックが見つからないようだ。当然本人のジョン・ギョンシムがどっかに隠しているわけだけど、証拠物件がないことには、検察としてもにっちもさっちもいかないわけだ。

とにかく、ヂョ・グクという男は、法学部の教授だけあってありとあらゆる法の抜け道を利用して自分には罪が降りかかってこないようにしてあるようだ。この人が今法務大臣としての任命を文大統領から受けたのだ。なぜこのものを法務大臣にしたかというと、前々から韓国の検察改革について本を書いたりしゃべったりしていてそれが文氏の心をつかんだらしい。同じ釜山出身というのもあるのかもしれない。

韓国の検察のどこをどういうふうに変えたいのか、筆者には今のところわからない。韓国の検察には、どうも強圧的な部分があるらしい。そんなところを改革しようっていうのだろうか。

でも、検察ってところは、悪を取り払うのが目的の部署だから、悪に対してはあくまで強圧的でもいいんじゃないのかと筆者などは素人考えとしてはあるんだけれど。文大統領の就任期間中にやりたいことのうち重要な柱の一つがこの検察改革であるらしい。それを推し進めるにふさわしい人間がこのヂョ・グクという人間のようだけど、彼の所属するソウル大の学生でさえ、ヂョ・グク反対デモを最初にやったくらい、このものは偽善者としての烙印を大々的に押されている人間だ。こういう人間を法務大臣にするってこと自体、正気じゃないとわたしには思われる。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 「玉ねぎ男」は絶対に許さない。韓国市民のクールなデモの繋ぎ方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい