【台風19号】台湾の蔡総統が激励ツイートで、日本中から感謝の声

2019.10.11
225
by gyouza(まぐまぐ編集部)
mdemde
 

大型で猛烈な台風19号の影響で、各地で被害が出ている中、台湾の蔡英文総統がTwitterを更新し、「台風19号がもたらした記録的な雨によって日本では被害が広がっています。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 日本は我々にとってもっとも大事な友人です。いつでも支援に駆けつけます。」とお見舞いと激励のメッセージを送ったことに称賛の声が挙がっている。

台湾は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で200億円以上にもなる義援金を集めた「親日」ぶりで、日本では地震発生当時から感謝の声が多く挙がっていた。今回の台風19号による被害についても、世界中でいち早く公式の応援メッセージを発表したことで、多くの日本人の心に響いたようだ。Twitter上では、蔡総統に対する御礼のメッセージが相次いで投稿されている。

今回の台風では、日本各地で死者や行方不明者、ケガ人の情報、河川の堤防決壊や土砂災害の情報が相次いでいる。

川崎市高津区でマンションの浸水した1 階部分から心肺停止の状態で見つかった60代の男性が搬送先の病院で死亡が確認されたという。 

また、長野市穂保では、千曲川の堤防一部が決壊し、住宅が浸水するなど大きな被害が出ている。

国土交通省北陸地方整備局は長野市穂保の千曲川の堤防の一部が「決壊したもようだ」と13日午前6時に発表した。

また、上田市によると、市内を流れる千曲川の堤防が、御所にある上田橋の近くで崩れ始めているという。このため上田市は12日から避難指示を出している城下と川辺泉田の2つの地区の住民に急いで避難するよう呼びかけている。

NHKニュースによると、午前7時ごろNHKのヘリコプターから長野市の千曲川流域を撮影した映像では北陸新幹線の車両、合わせて7編成がすべて茶色い水につかっていたと報じている。

さらに、上田電鉄によると、上田市を通る別所線で13日午前8時ごろ、千曲川にかかる橋梁の一部が崩落したことを確認したという。台風による雨で千曲川が増水したことで土台となっている堤防が崩れたことで、橋梁も崩落したとしている。崩落によってけがをした人はいないという。上田電鉄は、13日の運行を始発から休止していて、橋梁の復旧と別所線の運転再開の見通しは今のところ立っていないとしている。

また、栃木県佐野市、宮城県丸森町でも堤防の決壊による浸水が発生していると伝えられている。


群馬県富岡市では、土砂崩れによって住宅4棟が被害に遭い、死者と行方不明が出ている。

15日午前9時現在、今回の台風19号によって61人が死亡、13人が行方不明、189人以上のけがとなっている。(随時更新)

なお、最新の鉄道情報は以下をご参照に。

鉄道情報(NHKニュース)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: NHKニュース(MAG2 NEWS)

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 【台風19号】台湾の蔡総統が激励ツイートで、日本中から感謝の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい