天皇陛下の「祝賀パレード」台風被災を考慮し11月10日に延期へ

2019.10.17
50
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_195310484
 

天皇陛下の即位に伴い、今月22日に予定されていた祝賀パレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」について、政府は台風19号の被災地への対応に万全を期すため、11月10日に延期すると、NHKニュースなどが速報で伝えた。

NHKニュースによると、台風19号により広い範囲で甚大な被害が発生したことから、政府は、被災地への対応に万全を期すため、一連の式典のうち「祝賀パレード」を11月10日に延期する方針が固まったという。なお、即位を国内外に宣言する「即位礼正殿の儀」や、皇居・宮殿での祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」は予定通り22日に実施するとしている。なお、儀式はおこなわれるため、22日は予定通り祝日になるという。

今回の「祝賀パレード延期」について、ネット上では「支持します」「そうなるよね」「中止して費用を被災地の復旧にあててほしい」など、さまざまな意見が多数寄せられている。

Twitter上の反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: NHKニュース朝日新聞共同通信

image by: Takamex / Shutterstock.com

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 天皇陛下の「祝賀パレード」台風被災を考慮し11月10日に延期へ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい