正社員の意識調査で見えた、生きづらい「50代男性」の憂鬱な日々

shutterstock_1069533047
 

従業員300人以上の企業に勤めている50代の男性会社員には、モチベーションも低下し、仕方なく働いているという人が数多くいるようです。(公財)21世紀職業財団による調査を読み解くのは、健康社会学者の河合薫さん。メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、会社や仕事への向き合い方の違いが、働く50代男女の意識の違いを生んでいると指摘。生きづらさを感じている50代男性会社員には、「おばちゃん的働き方」をするなど、意識の改革を勧めています。

50才で萎える男とやる気が増す女

これまで私は本メルマガも含め、様々なメディアで「50代の男性会社員」ついて発信してきました。しかし、今回は「50代の男性会社員と女性会社員」の意識の違いについて分析した興味深いデータを取り上げ、あれこれ考えてみようと思います。

調査を行ったのは「公益財団法人21世紀職業財団」のメンバーで、調査対象は50歳時に300人以上の企業に正社員として勤務している(あるいはしていた)50歳~64歳の男女の2820名です(以下、結果から抜粋)。

  • 「各年代で重視していたことは?」という問いについて、男性では「成長」「仕事の面白さ」「信頼」が20代をピークに年々低下していくのに対し、女性では「成長」「仕事の面白さ」については、40代までは低下した後再び50代で上昇。「信頼」については、30代で一旦低下するものの、その後は50代にかけて上昇する。
  • 「昇進・昇格」を重視した年齢は、男性では30代がピークだったのに対し、女性では40代がピーク。男性の50代で「昇進・昇給」を重視した人が10.3%だったのに対し、女性の50代では17.5%だった。
  • 会社を辞めなかった理由」を聞いたところ、男性の7割が「家族を養わなければならなかったから」と答えたのに対し、女性では「経済的に自立したかった」が5割でトップ、「社会と繋がっていたかった」と続いた
  • モチベーションが最も高かった時期と比べ、「現在の方が低い」と答えた人の割合は、男性では45.8%だったのに対し、女性は21.6%
  • 「今後もスキルを深めたり発展させたい」とした割合は、男性が5割だったのに対し、女性は7割
  • 定年後のキャリアの希望について、「現在の会社で再雇用」は男性は43.6%、女性34.4%。「転職」は男性19.5%、女性13.9%。「わからない」は男性は19.9%、女性は30.1%だった。

…以上です。

あれこれ数字をならべましたが、おおざっぱにまとめると…、「50代の女性会社員はまだまだ元気です!向上心も成長欲も50歳になっても 女性は衰えません!」といった感じでしょうか。

確かにインタビューをしていても女性の方が限界を定めず、むしろ子育てなどを終え、「これからは自分のやりたかったことをしたい!」とパワーアップしてるなぁと感じることは度々ありました。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 正社員の意識調査で見えた、生きづらい「50代男性」の憂鬱な日々
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい