「習近平国家主席の国賓来日に反対」遂に声を上げた自民議員の名

kitano20191118
 

北海道大学教授の解放こそ叶ったものの、未だ複数の日本人が拘束中、加えて尖閣問題や激しさが増すばかりの香港デモ等々、日中間にはまだまだ「障壁」が存在していると言わざるを得ません。そんな中、安倍政権が先日打ち出した「習近平国家主席の国賓待遇での来日」について、与党内から反対意見が上がり話題となっています。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、習氏の国賓待遇を憂慮すべき理由について改めて持論を展開しています。

習近平の国賓来日に反対する自民党議員が現れた

皆さんご存知のように、安倍総理は6月、大阪で習近平と会談し、「来年の桜の咲く頃、習主席を国賓として日本に迎えたい」といいました。すると習近平は、「来春の訪問は極めていいアイディアだ。外交部門で具体的な時期について調整して欲しい」と応じました。

米中覇権戦争の行方』(3章)を読まれた方はご存知ですが、私はこれ国賓訪日にずっと反対しています(理由は、後述します)。

そして、なんと自民党の議員さんで習近平の国賓訪日に反対する人が出てきました

まず、佐藤正久前外務副大臣。佐藤先生は元陸上自衛官。イラクに派遣され、復興支援隊長を務められました。いつも国益のために戦っておられる佐藤先生は、習近平の国賓来日に反対しています。先生は、日中間には現在「4つのトゲ」があるとおっしゃっています。

  1. 香港問題
  2. 北大の教授が拘束されている問題
  3. 尖閣問題
  4. 日本食品の輸入規制問題

「4つのトゲを抜かないと、国賓というわけにはいかない」と断言されました。

佐藤先生が習の国賓訪日に反対する映像はこちらでごらんになれます。

課題解決しないまま習主席を国賓に…異議

そして、青山繁晴先生を中心とする日本の尊厳と国益を護る会」も、習の国賓訪日に反対しています。議員数40人。立派ですね。

自民有志、中国主席の国賓来日反対決議へ 尖閣や邦人拘束改善条件

産経新聞 11/12(火)22:46配信

 

自民党の保守系議員約40人でつくる「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(代表幹事・青山繁晴参院議員)が、中国の習近平国家主席の来春の国賓来日に反対する決議を準備していることが12日、分かった。北海道大教授ら邦人の不当な拘束や尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺海域での中国公船の侵入行為などの状況が改善されない限り国賓での来日に反対する内容で、13日にまとめた後、安倍晋三首相に提出する方針だ。

「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」は、なぜ国賓訪日に反対なのでしょうか?

一方、護る会は、中国で十数人の邦人が理由不明のまま拘束されていることや中国軍機による領空侵犯、尖閣諸島周辺での中国公船の挑発行為を踏まえ、日中関係は「正常な軌道」にないとの認識に立っている。香港市民に対する中国当局の弾圧姿勢も問題視しており、これらの懸案が改善されない場合、習氏の国賓来日に反対していく考えだ。
(同上)

  • 十数人の邦人が理由不明のまま拘束されている
  • 中国軍機による領空侵犯
  • 尖閣諸島周辺での中国公船の挑発行為
  • 香港市民に対する弾圧

が反対理由だそうです。もっともですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 「習近平国家主席の国賓来日に反対」遂に声を上げた自民議員の名
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい