ヤマダ電機、好調の謎。向かい風でもライバルに勝つ売り伸ばし方

 

ヤマダ電機のアクションに何を学ぶべきか?

消費税の増税や、ラグビーのW杯、来年のオリンピックの前には、「今のうちに買っておこう!」という駆け込み需要があります。そこで、これらのイベント前に一生懸命売る努力をしていくことは、多くの企業がすることです。しかし、本当に大事なのは、このような大きな追い風があるイベントの後なのです。なぜなら、大物を買い込んだ後には、人のお財布の紐は固くなります。どうしても買い控えが来るのです。追い風の後には必ず向かい風が来るんですよね。したがって、前もって準備をしておくことが重要です。

たとえば、消費税前に大勢の人が買いに来ると予想されたら、その人たちのお客様名簿をしっかりととり、増税後にはその人たちが欲しそうなもの、継続して買ってもらえるような商品をそろえておき、リピートにつなげる、などの努力があるといいですよね。

先ほど述べた人員の増員と説明の強化も、インターネット通販にはできないことですので、対アマゾン、対楽天には大きな差別化要因にもなるし、「ヤマダ電機だとしっかり教えてくれるな」と、お客様が感じてくれれば、増税後にもリピートしてくれるでしょうし、口コミや紹介にもつながります。

今回のヤマダ電機の好決算から学べることは、市場や環境で大きな動きがあることをいち早く感じとること、そしてその時に備えること、さらに、その追い風、チャンスのあとにできることを、長い目で考えることが大事だという点ですよね。

image by: Sakoppi [CC BY-SA 3.0], ウィキメディア・コモンズ経由で

理央 周この著者の記事一覧

ビジネス・仕事に大事なのは、情報のキモに「気づき」どう仕事に「活かす」かです。トレンドやヒット商品には共通する「仕掛け」と「思考の枠組み」があります。このメルマガでは、AI、5G、シェアリングなどのニュースや事例をもとに、私の経験とMBAのフレームワークを使い「情報の何に気づくべきか?」という勘どころを解説していきます。現状を打破したい企画マン・営業マン、経営者の方が、カタくなっている頭をほぐし情報を気づきに変えるトレーニングに使える内容です。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 理央 周 の 売れる仕組み創造ラボ 【Marketing Report】 』

【著者】 理央 周 【月額】 ¥990/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎月 第2火曜日・第4火曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print

  • ヤマダ電機、好調の謎。向かい風でもライバルに勝つ売り伸ばし方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け