故中曽根康弘氏が総理になるため10年かけて準備したことは何か?

無題のデザイン (52)
 

中曽根康弘元首相が11月29日に101歳で亡くなりました。「大勲位」と呼ばれた大政治家との浅からぬ縁について回想するのは、メルマガ『NEWSを疑え!』を主宰する軍事アナリストの小川和久さんです。小川さんは、自衛隊生徒時代に聴いた講話から始まり、組閣の際に意見を求められたこと、首相官邸の機能強化への決意を聞いたエピソードなどを披露。さらに、ポスト安倍の首相候補を評価する指針になると、「総理になるために10年間準備した」という言葉とその内容を紹介しています。

中曽根大勲位、かく語りき

福岡出張の機中で中曽根康弘元首相の訃報に接し、色んなことが思い出されました。

まず、自衛隊生徒1年生と2年生の時、横須賀市武山の駐屯地劇場で、まだ42、3歳だった中曽根さんの講話を聞いたこと。1961年と62年のことです。

そのときの話で憶えているのは、海軍の主計将校時代に米軍に撃沈され、死体と油の浮く海を泳いで九死に一生を得た話くらいですが、その同じ駐屯地劇場の演壇に立って、何回も自分が講話をするとは思ってもみませんでした。生徒の後輩たちに語りかけながら、中曽根さんの話を紹介したものです。

首相時代にも思い出があります。中曽根さんは水戸黄門の助さん格さんのような優れた秘書を2人と、服部半蔵のようなお庭番を駆使して、5年という当時としては異例の長期政権を実現したわけです。

1985年12月の内閣改造に当たり、お庭番が私に聞いてきました。「総理が、防衛庁長官は誰がいいかと言っています」。私はすかさず、「加藤紘一氏の留任がよいでしょう」と答えました。日米同盟を強化する一方、中国とも良好な関係を構築していくには、将来の首相候補の一人として嘱望される大物で、外務官僚出身ということで英語と中国語に堪能な加藤氏は適任だと考えたからです。

2時間ほどたって、お庭番から「加藤留任で決まりました」と連絡があり、私が加藤氏に伝えてよいかと聞くと、「どうぞ」ということでした。私は防衛庁に出向き、加藤氏に留任を告げると、「何を言っているんだい。オレはいまから離任の記者会見をするところなんだぞ」と信じてくれません。

数日後、加藤氏は「どうして留任が判ったんだい」と聞いてきましたが、新聞記者が中曽根首相の周辺から情報を取ったのと同じように受け止めていることが判りました。私は、自分が留任決定に関与したとは明かしませんでしたが、そんな風にしか私を見ていなかったのだとわかり、少し残念な気がしました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 故中曽根康弘氏が総理になるため10年かけて準備したことは何か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい