3年ぶりの赤字国債追加発行「こうなるのはわかっていた」

2019.12.11
278
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_325626641
 

今年度の国の税収が、当初の見通しから2兆円以上、下回った60.2兆円前後まで落ち込むことがわかったと、朝日新聞NHKなどが報じた。政府によると、要因は米中の貿易摩擦の影響で企業業績が悪化していることなど。不足する財源を補うため、今年度の補正予算案で3年ぶりに赤字国債を追加発行する方針を固めた。

昨年度の国の税収は、60兆3563億円。対して今年度は、過去最高の62兆4950億円と見込んでいた。しかし、米中の貿易摩擦の影響などの影響から企業成績は伸び悩み、当初の予想から法人税が大幅に下落したという。その他にも、消費税を増税した影響も要因のひとつと予想できるが、これについては当初から懸念されていた点であり、安倍政権の甘い考えが浮き彫りになった。税収減をまかなうため、政府は2兆円規模の赤字国債を2019年度補正予算で追加発行する方針。税収見込みの下ぶれで年度途中に赤字国債を発行するのは実に3年ぶりである。

これに対して、日本のネット上は「どう計算すれば国の税収を2兆円も見誤るのか」「税収上げたければ減税しろ」「それ前から大多数が指摘してきたことだよね」と怒りの声が多く挙がっている。

Twitterの声











※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by:Shutterstock

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 3年ぶりの赤字国債追加発行「こうなるのはわかっていた」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け