今夜は見えた?2019年最後の満月「コールドムーン」を楽しもう

2019.12.12
686
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_1144262297
 

今日12日は、令和元年最後の満月が見ることができる日。16時36分には月が出て、夜にはまんまるのお月さまを楽しめると、ウェザーニュースlivedoorニュースが報じた。

「コールドムーン」を楽しむとなると気になるのが、天気だろう。ウェザーニュースによると、日本海側は雲が多く、見ることが難しいとされているが、太平洋側は晴れるところが多く、丸い月をしっかり見られるようだ。しかし、千葉付近は雲がかかり、隙間から楽しむことになるのではとのこと。

これについて日本のネット上では「見るしかない」「見えるかな」「かっこいい名称」と盛り上がりを見せている。

英語圏では、2月はスノームーン、4月はピンクムーン、6月はストロベリームーン、10月はハンターズムーン…など月ごとに満月の呼び名が変わる。今夜観ることができるのは、「寒月(コールドムーン)」と呼ばれるものだ。

今年のコールドムーンを綺麗に観ることができるのは、北海道と東北の太平洋側、関東から九州の太平洋側が中心と予想されている。日中は暖かかったが、今夜から放射冷却が強まる影響から、ぐっと冷え込む。夜には気温が10度を下回るところもあるため、マフラーや手袋、コートでしっかり防寒対策を。ちなみに、2020年最初の満月は1月11日のウルフムーンだ。

Twitterの声





※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by:Shutterstock

print

  • 今夜は見えた?2019年最後の満月「コールドムーン」を楽しもう
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け