帰省ブルー、減額できないお年玉。年末年始はストレスだらけ?

2019.12.19
12
by MAG2 NEWS編集部 HY
shutterstock_554001493
 

令和元年も残すところあと2週間を切りました。みなさんは年末年始をどのように過ごす予定ですか?国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」が主婦利用者を対象に実施した意識調査によると、令和初・消費税増税後初の年末年始となる今回は、新たな気持ちで新年を迎えたいと思っている人が多いなか、消費税増税が年末年始になくてはならない「おせち料理」や「帰省費用」にも影響することがわかりました。

ただし、消費増税減らせない費用も…。また、「帰省ブルー」、「帰省うつ」などと呼ばれ、主婦にとって悩みの種となっている「義実家への帰省のストレス」についても興味深い結果が得られています。今回は、年末年始を迎える前に知っておきたい「令和の家計と妻の気持ちのリアル」をご紹介しましょう。

年末年始はポジティブなイメージ。でも…

主婦にとっての「年末年始の印象」について聞いたところ、32.7.%が「ポジティブ」、42.2%が「ややポジティブ」なイメージと回答。74.9%の主婦が前向きな印象を持っていることがわかりました。「お買い物が楽しみ」(30代)、「クリスマスやお正月で街や人が賑わっていたりして、ワクワクした気持ちになるから」(40代)というのが理由のようです。さらに「令和初めてのお正月が来る」(50代)など、新時代の幕開けを楽しみにしている声もありました。

一方で、「ネガティブ」「ややネガティブ」なイメージと回答した方は両方合わせて25.1%でした。その理由に、「お年玉や忘年会・新年会で出費がかさむ」(20代)、「大掃除で精神的にも肉体的にも疲れる」(40代)、「義理の実家に帰省しないといけない」(30代)という声が目立ちました。

d18526-117-793787-0

ポジティブ・ややポジティブなイメージの理由

  • テレビ番組が豪華だったり、美味しいものを食べるので(20代)
  • 師走の忙しさのなかにも新しい年の期待感にワクワクする(60代)

ネガティブ・ややネガティブなイメージの理由

  • 仕事が忙しくなるのと掃除など家の仕事も増えるので(30代)
  • 毎年、お年賀、おせち料理、大掃除と、バタバタしているので疲れてしまいます(40代)

頭を悩ませる「減らせない出費」は…?

年末年始のネガティブなイメージとして「出費がかさむ」という回答もありましたが、「年末年始を通した、もっとも高い出費は何になりそうですか?」と聞いたところ、子どもたちが一番楽しみにしている「お年玉」が25.4%とトップ。次いで「おせち料理」(13.8%)、「帰省の交通費」(10.5%)が続いています。いずれも年末年始における「必要経費」が上位になりました。昨年(2018年)の結果と比較してみると、「お年玉」が3位から1位にランクアップしています。

d18526-117-841959-1

print

  • 帰省ブルー、減額できないお年玉。年末年始はストレスだらけ?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け