老後レス時代の到来か?公務員の定年延長に向け法案提出へ

2019.12.19
19
by tututu
 

公務員の定年を延長する真の狙い

今回、なぜ政府が率先して、公務員の定年を延長しようとしているのでしょうか?そこには、高齢でも意欲さえあれば働ける社会にするため、まず国家公務員の定年を延長し、民間にも広げていきたいという狙いがあるといいます。社会保障制度改革の一環として政府が掲げている「生涯現役社会」。高齢者が働くことで、年金支給年齢を引き上げ、社会保障財政の安定化を図りたいのです。

しかし、大企業で見てみると、定年延長を選ぶのは少数派で、退職した後に再雇用する継続雇用が多いのが現状だといいます。17年の厚生労働省の調査によると、65歳定年を採用する企業は全体の2割弱にとどまりました。

この公務員の定年延長。少子化による人手不足対策と見る向きもありますが、ネットでは様々な反応が出ているようです。

image by:Shutterstock

print
いま読まれてます

  • 老後レス時代の到来か?公務員の定年延長に向け法案提出へ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け