定年世代こそ目指せユーチューバー。ファッションコンサルの挑戦

shutterstock_564376738
 

あなたはYouTubeを自分でもやったことがありますか?あげたことはあっても、定期的にアップしているという人はなかなか少数派だと思います。以前の記事で「5年放置のYouTubeを再開した訳」を語り、教育動画コンテンツに活路を見い出していたファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さん。自身のメルマガ『j-fashion journal』で、動画コンテンツと向き合い試行錯誤する日々が続いていると報告しています。坂口さんは、小学生の憧れの職業である「ユーチューバー」は、シルバー世代こそ手が届く夢の仕事ではないかと挑戦を誓います。

真面目なだけじゃ駄目なんだ

1.YouTubeのセミナーに行ってみた

「これからは動画の時代だ」「YouTubeって凄いよね」という声をよく聞く。そこで、良く分からないながらも、とりあえず10本くらい動画を上げてみた。それをツイッター、facebookでシェアし、知り合いの何人かは見てくれたようだ。しかし、それ以上の伸びは期待できない。そこで、無料のセミナーに出てみた。印象に残ったのは以下のこと。

YouTubeで儲けるには、2つの方法がある。1つは、直接的な広告収入。2つ目は、別の商品やサービスを紹介してそちらで売上を上げる方法。どちらにしても、半年で50万人の登録者数を集めることを目標にして欲しい。不可能ではなく、必ずできる。本来ならば、他の仕事を辞めて、YouTubeに集中した方がいい。

YouTubeでは30~120本の動画を上げた頃に突然伸びる。それまでは、毎日動画を上げる。少なくとも、月に12本は上げる。これができなければ、辞めた方がいい。

最も重要なのは、企画。自分の業界に関係ない人が面白いと思う企画を立てる。オジサンが出てきて、真面目に話すだけの動画を観たい人はいない。真面目な動画も良いが、それだけでは伸びない。面白い動画から真面目な動画に引っ張る。最終的に、YouTubeは資産になる。ある所まで行けば、自動的に成長する。

2.顔を出す場合、出さない場合

私のYouTubeチャンネルは顔を出しているが、しゃべっているだけのつまらない映像だ。顔を出すから、ふざけられない。ふざけられないから面白くない。面白くないことしか話さないから、顔も仏頂面になるという悪循環にはまっているわけだ。

これはこれで継続するとして、もう1つ、顔を出さないチャンネルを企画したいと思う。こちらは、顔を出さないで、キャラクターを設定する。キャラクターが話すならば、面白い内容でもいい。時事ネタでも、芸能ネタでもいい。

できれば、子供に受けるようなものがいい。下ネタでもいいけど、池上さんの路線もいいかもしれない。本当は、一度に3つくらいのチャンネルを運営するのが良いのだが、それをするには、本当に集中しなければならないだろう。

1本2~3分にして、1週間分を1日で収録する。最低でも1カ月に20本。それを6カ月継続する。飽きっぽい性格なので、できるかどうか不安だが、とりあえず取りかかってみたい。最初の2カ月が勝負だ。そこで反応が出れば、やる気も出る。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 定年世代こそ目指せユーチューバー。ファッションコンサルの挑戦
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け