人気ユーチューバーに圧力も。中国「台湾総統選妨害」姑息な手口

shutterstock_1605077110
 

いよいよ1月11日に迫った台湾総統選。現職である蔡英文氏が優勢とされていますが、自国にとって都合の良い国民党候補を是が非でも当選させたい中国からの「横やり」も激しさを増しているようです。今回、台湾出身の評論家・黄文雄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、中国による嫌がらせや恫喝の数々を取り上げ、その姑息な手口を白日の下に晒しています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年12月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄こう・ぶんゆう
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【台湾】台湾総統選にカネで介入する中国

蔡総統とコラボのYoutuber、中国から圧力 現地提携先が契約解除/台湾

台湾の選挙活動が本格化して、今の台湾社会は選挙一色となりました。香港との関係で蔡英文有利と伝えられている選挙戦ですが、結果は蓋を開けるまでは分かりません。民間調査の支持率は蔡氏リードとのことですが、これについても対抗陣営から調査の信憑性がないと批判されていることは、このメルマガでもご紹介しました。

このように台湾内での選挙戦が本格化すると同時に、中国からの横やりも本格化しています。小さな嫌がらせがだんだんと増えてきているのです。まずは、上記に挙げた台湾人の著名ユーチューバーへの中国からの圧力です。

波特王(ポッターキング)という名前の台湾人ユーチューバーの男性が、蔡英文と共演した動画を配信しました。その内容は、波特王が甘い言葉で蔡総統を口説くという政治色のないもの。しかし、その動画内で彼が蔡氏を「総統と呼んだことが中国側に問題視され、契約先の中国企業から契約を解除されたということです。

これに対して彼は、「完全に受け入れられない。ばかげている」「自分の国の元首を『総統』と呼べないなら、こんなお金は稼げなくてもいい」と反論したとのことです。

蔡英文総統もこの件について、「この出来事から、民主主義と国家の安全を守ってこそ、経済や創作の各方面における自由を有することができるということが証明された」とコメントしました。

中国の嫌がらせはこうした細かいところをたくさん突いてきます。ボクシングに例えれば、細かいジャブを何度も繰り出して相手のダウンを狙うようなものです。

香港のデモ隊に対しても同じような手口を使っています。アップル社が提供している地図アプリ「HKmap.live」は、学生たちが警官の動きを知るために利用していると中国がクレームをつけたため、アップル社はこれをオンラインストアから削除しました。

また、香港の学生たちが考案した香港デモを疑似体験できるゲームアプリ「The Revolution of Our Times I」は、グーグル社がグーグルプレイストアから削除しました。グーグル社はこの措置について次のようにコメントしています。

わが社は長年、慎重に扱うべき問題を利用することを開発者に禁じてきた。たとえば、現実の深刻な紛争や悲劇的な出来事などを扱ったゲームで金もうけをするようなことだ。

注意深く検討した結果、このゲームアプリは規則違反だと判断し、提供を中止した。これまでにも、地震や危機、自殺、紛争など、世間の注目を集める出来事を利用しようとの試みには同様の措置を取ってきた。

つまり、中国政府の要請に従って削除したわけではないと言っているようですが、中国政府が香港の民主派デモへの支持を表明している外国企業への圧力を強化していることは明らかです。

香港デモ体験できるゲームアプリ、グーグルが配信取り下げ

ゲーム実況者であり、人気ゲーム「ウォークラフト」のスピンオフ作品「ハースストーン」のプレイヤーとして有名なBlitzchungことアン・ワイ・チャン氏は、香港デモを支持するコメントをしたため、主要なゲーム大会への出場禁止と賞金剥奪という処分を受けました。

● 香港デモを支持したゲーム実況者が、eスポーツ大会への出場禁止処分と賞金剥奪に

一方で、中国で二隻目の国産空母「山東」が就役しました。すでに、この「山東」が11月に試験航行との名目で台湾海峡を通過し、台湾政府は中国政府に抗議しました。明らかに台湾の選挙に向けた脅しです。中国を敵に回すと恐ろしいということを軍事行動で示すわけです。

print

  • 人気ユーチューバーに圧力も。中国「台湾総統選妨害」姑息な手口
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け