ゴーン取り調べに世界から批判殺到。フランスが「改善要請」

2020.01.16
88
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_714630703
 

フランスのマクロン大統領は15日、カルロス・ゴーン被告について「拘束や取り調べの状況は私には満足いくものと思われない」と何度も安倍晋三首相に伝えていたことを明らかにしたと共同通信日本経済新聞などが報じた。


何度も改善要請

マクロン大統領は、レバノンへ逃亡した前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告に関し、拘束や取り調べなど日本で勾留されていた時の環境について、何度も改善を要請していたことを明らかにした。ゴーン被告の逮捕後、安倍首相とマクロン大統領は複数回会っており、その際に伝えたとみられている。

逃亡については「ノーコメント」

また、マクロン大統領は被告の逃亡について「コメントしない」とし、「フランスは関与していない」と述べた。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • ゴーン取り調べに世界から批判殺到。フランスが「改善要請」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け