「桜」夕食会、安倍首相の答弁とホテルの見解に「ズレ」の不可解

2020.02.17
1237
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_415949872
 

「桜を見る会」の前日に行なわれた安倍晋三首相の後援会が主催した夕食会について、またもや疑惑が浮かびあがっている。立憲民主党の辻元清美氏は17日、衆院予算委員会の集中審議で、過去に「前夜祭」の会場となったことがある「ANAインターコンチネンタルホテル東京(旧・東京全日空ホテル)」に問い合わせたことを説明。そして、「見積もりや請求明細書を主催者に対して発行せず、領収書も金額を手書きで記入し、宛名を空欄にして発行したケースはなかった」とホテル側から回答を得たと明らかにした。しかし、安倍首相は同予算委員会で「宛名のない領収書を出したということで間違いない」と否定している。

安倍首相はこれまで「桜を見る会」の前夜祭で利用したホテルで、参加者の領収証について「宛名のない全員分の領収証を発行している」と説明していた。辻元氏がホテル側から得た回答が正しければ、首相の発言は「矛盾」していることになる。


ホテルを「侮辱」?

安倍首相は、「辻元氏が入手した資料は「広報推進室」が出したものであり、安倍晋三事務所が話したのは「営業」だった」と回答。「宴会は営業であり、個別案件は営業の秘密に含まれる」として、回答文書に含まれていないことを説明した。

今回の答弁で、安倍首相が「広報と営業の見解が異なる」として、ANAインターコンチネンタルホテル東京の信用を下げてしまったことの罪は大きい。同ホテルは、それでもホテルニューオータニのときと同様に「口裏を合わせる」ことになるのだろうか。ホテル側の正式見解に注目が集まっている。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 「桜」夕食会、安倍首相の答弁とホテルの見解に「ズレ」の不可解
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け