五輪も返金なしか。新型肺炎で東京マラソンが作った前例の意味

2020.02.20
907
 

「東京マラソン」がこんなに酷い対応をするのであれば、拡大し続ける新型コロナウイルスが夏までに収束せず、「東京五輪」も開催が難しくなった場合、一体どうなってしまうのでしょうか?専門家は「オリンピックには莫大なテレビ放映権があるため、戦争でも起こらない限り延期や中止はありえません。新型コロナウイルスが夏までに収束しなければ、苦肉の策として多くの競技で無観客試合を行なうことになるでしょう」と言っていました。

もしも実際にそうなったとしたら、バカ高いチケットを買った人たちには、チケット代が返金されない可能性が高いのです。何しろ「東京マラソン」が悪しき前例を作ってしまったのですから。正直、あたしは初めから「東京五輪」には反対していますし、「東京マラソン」にもまったく興味がないため、これらがどうなろうと知ったこっちゃありません。でも、これらを楽しみにして、高い参加費やチケット代を支払っていた多くの人たちが泣き寝入りさせられるのは、人として見ていられないのです。皆さんは、東京マラソン財団の対応をどう思いますか?

image by: Ned Snowman / Shutterstock.com

きっここの著者の記事一覧

「きっこのブログ」のメルマガ版です。ブログと同様に、政治や芸能から文学やお料理、流行やファッションから日々の出来事まで、多岐にわたって綴って行きますが、よりディープに攻めて行こうと思っています。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 きっこのメルマガ 』

【著者】 きっこ 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎月 第1水曜日・第2水曜日・第3水曜日・第4水曜日予定

print
いま読まれてます

  • 五輪も返金なしか。新型肺炎で東京マラソンが作った前例の意味
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け