「桜」前夜祭の答弁に読売以外は引導「安倍首相もう詰んでいる」

shutterstock_284779676
 

「桜を見る会」前日に自身の後援会が主催した夕食会について、安倍首相の答弁と、会場となったANAインターコンチネンタルホテル東京(旧・東京全日空ホテル)側の説明に矛盾があることが明らかになり、各紙が大きく報じています。ジャーナリストの内田誠さんが、メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』で、各紙が伝えた内容を詳しく解説。なぜかホテル側への裏取りをしない(していても記事にしない)読売以外は、首相答弁の矛盾を厳しく追及しています。

「桜」前夜祭を巡る「首相の醜態」を各紙はどう報じたか?

ラインナップ

◆1面トップの見出しから……。

《朝日》…「桜」夕食会 深まる矛盾
《読売》…アップル 大統領と蜜月
《毎日》…「桜」前夜祭 答弁矛盾
《東京》…首相の虚偽答弁か ホテル例外措置か

◆解説面の見出しから……。

《朝日》…「桜」答弁 首相窮す
《読売》…高齢者施設 予防手探り
《毎日》…法曹離れ 歯止め図る
《東京》…新型肺炎 軽症が8割

【プロフィール】

「桜」前夜祭を巡り、「首相の醜態」を取り上げます。各紙とも次第に焦点が合ってきた、そんな感じです。一紙を除いて、ですが。

■信頼性揺らぐ首相の言葉■《朝日》
■まだ裏を取っていないの?■《読売》
■決定的なホテル側回答内容■《毎日》
■言い逃れはもう無理■《東京》

信頼性揺らぐ首相の言葉

【朝日】は、昨日、先陣を切る勢いで首相答弁の矛盾を報じたが、今朝はさらに力を集中し、1面トップと2面解説面の双方をこの問題に充て、全力で報じている。見出しから。

(1面)
「桜」夕食会 深まる矛盾
首相答弁の「営業の秘密」自民確認できず 首相事務所へ聞き取り

(2面)
「桜」答弁 首相窮す
野党「根拠覆った」
ホテル説明通りなら「違法」恐れ

昨日の国会内外での動きを通して、「首相の国会答弁の信頼性が18日、さらに揺らいだ」(リードより)とするのは、ホテル側から昨日聞き取ったとする答弁内容のうち、「個別の案件については営業の秘密にかかわるため、回答に含まれない」という部分が、野党議員は勿論、自民党議員らによるホテルからの聞き取りでも確認できなかったことを指している。「営業の秘密」云々は、「首相の作り話」である疑いがあるということになる。

2面。野党4党は、「ホテル側から首相が書面で回答を得ない限り、審議に応じないことを確認」。与党内からも不満や不安の声が上がっているとも。首相がホテルの見解を認めれば、夕食会の収支を政治資金収支報告書に記載しなかった法令違反を問われることになる。

uttiiの眼

内容的には既に「詰んでいる」。安倍氏の説明は非常識であり、明細書も渡さず、宛名のない領収書を交付するなどということを「一流」とされるホテルがやるはずがない。「個別の案件については申し上げない」という部分だけならホテル側の回答と一致する可能性もあるが、最も重要なのは「例外はない」ということだ。

「一般論」とは、例外もあるということを意味しているのではなく、すべてのケースに原則が貫かれているという意味。相手が首相の後援会であろうがなかろうが、ホテル側は常に一定の姿勢で対処するという意味だろう。だから「例外はない」。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 「桜」前夜祭の答弁に読売以外は引導「安倍首相もう詰んでいる」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け