クルーズ船で露呈。自分より有能な部下の意見を聞けぬ日本の官僚

shutterstock_1437620660
 

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」において、新型コロナウイルスの感染拡大防止に失敗した日本政府。厚労相は感染症専門医の岩田健太郎氏の「告発」も黙殺し、結果的に世界から批判を浴びることとなってしまいましたが、その原因はどこにあるのでしょうか。米国在住の作家・冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で今回、前例主義と形式主義に汚染された官僚主義の弊害をその主因として上げ、この問題のために救える命が救えないということが起きる可能性もあると警鐘を鳴らしています。

問題は、自分より優秀な人材を管理できない、指導できない人物

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で発生していた不十分な防疫体制の問題は、現時点でも厚生労働省は

  1. 主要な感染は2月5日以前のもの
  2. 2月19日以降の日本国内へ向けた下船方法に誤りはなかった
  3. 船内で業務にあたっていた厚労省職員と医師への検査は不要

という立場を変えていません。つまり、岩田健太郎医師が動画で指摘し、これに対して「正しいことが通らない」と「やんわりと諭(さと)した」高山医師のメッセージも拡散した中で、2月5日以降の船内での感染の可能性について世界的に懸念が生じている中で、依然として厚労省としては、それは「なかった」という強弁を貫こうとしているわけです。

例えば、23日から24日の報道では米国国務省からは「船内隔離14日を満たす2月19日を待たずに、17日にチャーター機で米国人を帰国させたのは、日本政府の負荷を軽減するため」という意味不明のメッセージがあるとかないとかいう報道がありましたが、これも奇妙です。米国政府に対して、「5日以降の感染が怖いので急遽引き取った」ということを「言わないでくれ」という根回しがあり、米国サイドが「日本に貸しを作る」形で、そのようなメッセージをリークするのに同意した可能性が感じられるからです。

ちなみに、外交の常識からすれば、そのように他国に「弱みを見せて貸しを作る」というのは国益を毀損する可能性があり、ご法度であることは言うまでもありません。

どうして、こんな不自然なことになっているのでしょう。少なくとも厚労省官僚の感染が3名、内閣官房の職員の感染が1名出ている(2月24日時点)わけですから、5日以降の防疫体制に問題があったのは明らかなのですが、どうして認めようとしないのでしょうか。また、それ以前の問題として、どうして岩田医師の助言は「無視された」り、「ムカついた」りされたのでしょう?

1つには、官僚組織の悲しさということはあるでしょう。前例主義と形式主義に汚染されて、細かいことまで文書で指示するという「ビューロクラシー(官僚主義)」にがんじがらめに縛られてしまって、過ちを訂正出来ないということがあると思います。

それとは別に、責任者クラスの人が「スキル不足」という可能性、特に「感染症対策の専門スキルがない」だけでなく、「一般的な管理スキルもない」という状態だということが推察されます。

この「一般的な管理スキル」ですが、こうした危機において重要なのは次の5つだと思います。

  1. 情報流通を迅速に行う
  2. ネガティブ情報を歓迎する
  3. 方針に誤りがあれば直ちに訂正する
  4. 見通しに幅があれば、世論に対して、より厳しいケースを覚悟させる
  5. 自分より有能な部下に気持ちよく仕事をさせる

このうち結構大事なのは4.です。世論というのは非常に感情的に揺れます。ですから、とても怖いわけで、通常の神経ですと見通しに幅がある場合は「楽観論」を言ってその場をしのぐのが楽であるわけです。ですが、仮に世論が楽観論を信じている中で、より悪い事態になればリーダーシップへの信任が傷んでしまいます。ですから、厳し目に言っておくというのは常識だと思います。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • クルーズ船で露呈。自分より有能な部下の意見を聞けぬ日本の官僚
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け