新丸ビルと電通で新型コロナ感染確認。時差出勤は無意味なのか?

2020.02.26
13
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_1007745391
 

東京・丸の内にある「新丸の内ビルディング」で26日、新型コロナウイルスの感染者が確認されたと時事通信産経新聞などが報じた。感染者は、13日に新丸ビルで開催されたイベントに参加していた石川県の職員とみられている。触れた可能性がある場所や共用スペースはすでに消毒済みだという。

電通が5000人を原則「在宅勤務」に

また、大手広告会社の「電通」の東京本社ビルに勤務する男性従業員が新型コロナウイルスに感染。電通は25日、当面の間、本社に勤務する全従業員5000人のテレワークを決めた。本社以外の拠点に勤務している従業員については、積極的に実施を呼びかけている。

資生堂およそ8000人も「在宅勤務」に

さらに「資生堂」は26日、本社事務所や全国の営業所で働く従業員を中心とした、約8000人を対象にテレワークを決めた。期間は26日〜来月6日まで。社内で感染者は確認されていないが、感染拡大を防ぐための働きかけだとし、状況によっては期間の延長も検討する。出社しなければ業務ができない部署は「時差出勤」を指示、美容部員は顧客の肌に触れず、マスクの着用や手洗いなどを徹底するとのこと。

「時差出勤」をした人たちの声

菅官房長官が25日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する措置として「テレワーク」や「時差出勤」の積極的な導入を呼びかけたが、この影響からか、26日のTwitter上には時差出勤を実行した人たちの感想ツイートが多く見られ、一時トレンド入りを果たした。主な「時差出勤」ツイートを取り上げてみよう。










※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:時事通信産経新聞NHK

image by:walailuk koychai / Shutterstock.com

print
いま読まれてます

  • 新丸ビルと電通で新型コロナ感染確認。時差出勤は無意味なのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け