中国に忖度なし。日本が学ぶべき、台湾の蔡総統「新型肺炎」対応

kou20200305
 

新型コロナウイルスを巡る台湾の対応が評価され、蔡英文総統の支持率が急上昇しています。すべてが後手に回り場当たり的と批判される我が国とは異なり、なぜ台湾は迅速かつ的確な手を打ち続けられるのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんは今回、自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』でその理由を解説するとともに、日本の対中政策は蔡総統に学ぶべきと記しています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2020年3月5日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄こう・ぶんゆう
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【台湾】新型コロナへの対処法は「中国断ち」をした台湾に学べ

台湾総統の支持率が急上昇 新型コロナウイルスへの厳格対応を評価

新型コロナウイルスによる肺炎拡大を防ぐために台湾政府が行った施策が、内外で大きな評価を得ています。2月24日に発表された調査では、蔡英文総統の支持率は68.5%で、先月の総統再選後の調査よりも11.8ポイント上昇しました。国政選挙後に総統の支持率が高くなるというのは稀有な現象です。

こうした様子を、朝日新聞やハフィントンポストなど、海外メディアも大きく報じるようになっています。

2019年12月31日に中国の武漢市衛生健康委員会が第一報として「原因不明の肺炎の集団発生」を報じると、即日で注意喚起を行い、武漢からの旅客機内立入検査や空港などでの入国時の検疫体制を強化しました。

「日本とは大違い」台湾の新型コロナ対応が爆速である理由
台湾の新型コロナ責任者が国民の圧倒的支持を集めるワケ

日本では最初の感染者が発表されたのが1月16日。そして28日に新型コロナウイルスを「指定感染症」として閣議決定しました。しかし、台湾では感染者が1人も出ていない1月16日の段階ですでに「法定感染症」に指定しています。

1月24日には中国への団体旅行の中止を旅行会社に通達、中国からの団体旅行受け入れも中止を決定。同時に台湾政府はマスクの輸出禁止と出国者の持ち出し制限や高値転売の取締強化を打ち出し、マスク生産者への増産依頼、国民健康保険のIDを使用してのマスク配給、マスク製造業者への残業代の補填など、マスク不足対策を打ち出しました。

台湾人は、こういうときに中国人が爆買いや転売に走ることをよく知っています。そして、そのために混乱が起こることも、あらかじめわかっているのです。だから対応が早かった。

また、中国人の入国拒否も素早く行いました。1月25日には湖北省からの来台を全面的に禁止、2月6日からは中国に住む中国人の入国を全面禁止にしています。日本が1月31日に湖北省からの外国人の入国を禁止し、その後、2月11日になって入国拒否地域を浙江省に広げたという対応に比べると、その速度、徹底ぶりが違います。

日本は2月27日に全国の小中学校や特別支援学校への休校要請を行いましたが、台湾では旧正月の冬休みを2週間ほど延ばして2月24日までとしました。そして、その間の休校中に小学生の世話が必要となる保護者のために、看護休暇を申請できるようにしたそうです。

台湾は2019年5月、災害時にデマを流し、人を死に至らしめたり損害を与えたものに対して、最大で無期懲役までを科すことができる法律を成立させました。そして、今回の新型肺炎の騒動では、「トイレットペーパーは原料も製造も中国だからもうすぐなくなる」といったデマをSNSで流した3人の女性が逮捕されました。

台湾、トイレットペーパー品薄につながるデマを流した女3人を逮捕

台湾では中国が世論操作のために流すフェイク・ニュースに警戒してきました。民心を惑わし、民主主義を阻害するデマに対して、蔡英文政権は断固たる措置を取ると宣言してきました。そうした厳しい態度が、新型肺炎の蔓延を防いでいると思われます。

また、前述のデマによりトイレットペーパーが一時的に品薄になったときには、行政院長(首相)の蘇貞昌が、自身のフェイスブックで「咱只有一粒卡臣」(私たちのお尻は一つだけ)と台湾語で買い占めを自粛するよう呼びかけました。そのユーモアある言葉も、内外で話題になっています。日本のテレビでも、そのことが紹介されたようです。

「咱只有一粒卡臣」日媒推崇蘇貞昌式幽默

print

  • 中国に忖度なし。日本が学ぶべき、台湾の蔡総統「新型肺炎」対応
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け