トヨタ、国内5工場「稼働停止」の大打撃。新型コロナの需要減で

2020.03.24
30
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_1036122331
 

トヨタ自動車は23日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受け、グループ会社を含めた5カ所の国内工場の一部稼働を4月3日から停止すると発表したと時事通信日本経済新聞読売新聞などが報じた。国内最大の自動車メーカーの稼働停止という衝撃的なニュースに、日本のネット上でも驚きの声が多くあがっている。


3万6000台の減産

時事通信によると、稼働を停止するのは、愛知県豊田市の「高岡工場」「堤工場」、愛知県田原市の「田原工場」、福岡県宮若市の「トヨタ自動車九州宮田工場」、東京都羽村市の「日野自動車羽村工場」。稼働停止期間は現時点で4月3日から最短6日まで、最長で15日までを予定している。これにより、およそ3万6000台の減産が見込まれるという。


作った車を運び出すこともできない

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、各国では外出制限が行なわれている。こうした市場や需要の状況を鑑みて、今回の稼働停止を決めたという。トヨタ関係者は「作った車を運び出すこともできない状況」と話しており、しばらく不透明な状況は続きそうだ。

高岡工場では感染者も

愛知県豊田市の「高岡工場」では2人の感染者が出た。1人目は19日に、2人目は22日に感染が確認されたという。2人は同じ製造ラインで作業していたという。新たな感染を受け、高岡工場は一部の生産ラインを3日間止め、工場内を消毒。感染者2人の濃厚接触者32人を自宅待機としている。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • トヨタ、国内5工場「稼働停止」の大打撃。新型コロナの需要減で
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け