「24」日本版ジャック・バウアー唐沢寿明に決定で期待と不安の声

2020.03.24
2
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_178280834
 

アメリカの大ヒットドラマ「24」の日本リメーク版で、唐沢寿明(56)が日本版ジャック・バウアーを演じることがわかったと、産経新聞日刊スポーツ東京中日スポーツなどが報じた。放送はテレビ朝日で10月からスタートし、オリジナル版と同様に24時間を24話で描く。このキャスティングに、日本のネット上では賛否両論が巻き起こっている。

「キャリア史上一番賛否両論ある」

唐沢は、主人公ジャック・バウアーにあたる、テロと戦う捜査官「獅童現馬(しどう・げんば)」を演じるという。日本版のストーリーは、オリジナル版のシーズン1が採用され、日本初の「女性総理」が誕生するまでの24時間が描かれるとしている。

何十回も見ていたほどの「24」ファンだという唐沢は「自分の携帯もCTUの内線電話の着信音にして、友達からの電話にはアルメイダと名乗って出ていたんですよ」と明かし、今回の主人公決定に「まさか自分が」と驚く。また、大人気作のリメイクという点については「今回は僕のキャリア史上、一番賛否両論あるんじゃない?」「でも、批判や意見は何をやっても付いて回るものですから、気にしていても仕方ない」とし、「自分自身も本当に大好きな作品だから、思い入れも人一倍あります」と語ったという。

ドラマ「24」とは

オリジナルの「24」は、2001年にアメリカでシーズン1がスタートし、2010年のシーズン8まで制作されたアクションテレビドラマ。キーファー・サザーランド演じる架空のテロ対策ユニットの捜査官、ジャック・バウアーの戦いを描いており、日本ではレンタルビデオで大ヒット。シリーズ累計レンタル回数「3億回」という記録もある。日本のネット上では、今回の唐沢寿明の抜擢について、さまざまな意見が投稿されている。

Twitterの声






※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source:産経新聞日刊スポーツ東京中日スポーツ

image by: Mr Pics / Shutterstock.com

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 「24」日本版ジャック・バウアー唐沢寿明に決定で期待と不安の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け