基礎疾患のない未成年がコロナ死。WHO上級顧問「終息まで数年」

2020.04.01
124
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_1659554446
 

世界中で大流行している新型コロナウイルスは、基礎疾患がある人や高齢者が重症化しやすいといわれてきたが、感染拡大が深刻なヨーロッパで3月末、未成年の死者が相次いでいるとNHK時事通信などが報じた。


持病のない10代が死亡

時事通信によると、現地メディアの報道では、死亡した少年に持病はなかったという。新型コロナウイルスの症状が出たあと呼吸困難になり、入院。人工呼吸器を装着したが、意識不明の状態となり30日に亡くなった。ヨーロッパではほかにも、フランスで16歳の少女が、ポルトガルで14歳の少年が亡くなるなど未成年の死亡が相次いでおり、衝撃が走っている。

WHO上級顧問「ピークはこれから」

日テレニュース24によると、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長の上級顧問を務める渋谷健司氏は、NNNの単独インタビューで、ヨーロッパの感染拡大のピークは今後1〜2ヶ月先、イギリスにおいては5〜6月以降になるとの見解を述べた。また、新型コロナウイルスの終息については「パンデミックが終息するまでに人口の6〜8割が免疫を持つまで続く」とした上で「数年かかる」とした。

print

  • 基礎疾患のない未成年がコロナ死。WHO上級顧問「終息まで数年」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け