学ばない韓国「これで何度目?」教会でまたコロナ集団感染が発生

2020.06.03
169
by 編集部サトシュウ
shutterstock_1674244789
 

韓国の教会でまたクラスターが発生した。韓国のソウル近郊の仁川(インチョン)にある教会で、新型コロナウイルスの集団感染が発生し、これまでに信者など45人の感染が確認されたとNHKが伝えている。

なぜ何度も韓国の教会で集団感染するのか

集団感染が発生したのは、ソウル近郊、仁川にある教会。先週開かれた会合がきっかけだとされ、牧師や信者など合わせて45人が新型コロナウイルスに感染したという。韓国政府は「首都圏での大流行も懸念される」として警戒を強めている。

韓国の教会で集団感染が発生したのは初めてではない。

ことし2月には大邱(テグ)市にある、新興宗教団体「新天地イエス教会」でクラスターが発生。新型コロナウイルスの感染を拡大させたとして、教祖が土下座して謝罪。ソウル市が教祖であるイ氏や教団幹部らを刑事告訴する事態になった。
●韓国の新型コロナ集団感染、新興宗教の教祖を殺人罪で刑事告訴

3月中旬には京畿道城南市(キョンギ・ソンナム)にある、「恩恵の川教会」でも集団感染が起きた。韓国政府と京畿道が宗教集会の自制を求めていたものの、教会は日曜日に礼拝を行ったことがきっかけで、感染が拡大。58人が陰性判定を受けていた。
●韓国の別の教会でまたコロナウイルス集団感染。自粛要請を無視

これだけではなく、富川(プチョン)市の「富川生命水教会」で15人、水原(スウォン)市の「水原生命泉教会」で10人など、明らかになっているだけで、これほど多くの集団感染が教会で起きているのだ。

なぜ韓国で新興宗教団体の教会における集団感染がなくならないのか。韓国では全面的に礼拝を禁止すると強い反発が起きるといい、宗教行事を禁止することは国民の権利を侵害するものと捉える見方もあるようだ。

print
いま読まれてます

  • 学ばない韓国「これで何度目?」教会でまたコロナ集団感染が発生
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け