突然のイージス・アショア停止で判った、安倍首相の戦略的大混乱

takano20200622
 

これまで政府が頑ななまでにその導入に向け突き進んで来るも、突如計画停止が発表されたイージス・アショアの配備。なぜ当計画はかくも簡単に「頓挫」してしまったのでしょうか。これまでたびたび日本のミサイル防衛計画について否定的な論を展開してきたジャーナリストの高野孟さんは今回、自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、イージス・アショア自体が時代遅れかつ日本国民を守るものではないという事実を記した上で、戦略論的大混乱を深めるだけの安倍政権を強く批判しています。

高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ

 

※本記事は有料メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』2020年6月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール高野孟たかのはじめ
1944年東京生まれ。1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任。2002年に早稲田大学客員教授に就任。08年に《THE JOURNAL》に改名し、論説主幹に就任。現在は千葉県鴨川市に在住しながら、半農半ジャーナリストとしてとして活動中。

イージス・アショアを止めたのは結構なことだけれども――それでかえって深まる日本の戦略論的大混乱

河野太郎防衛相による「イージス・アショア」配備計画停止の発表は、タイミングとしては余りに唐突で、外務省さえ寝耳に水で驚いたほどだったし、理由としては余りに単純で、迎撃ミサイル発射時に切り離されるブースターが辺りに飛び散ることがないかのように米側が嘘の技術的説明をしていたことが露見、その改善には数千億円の追加費用と10年超の期間が必要となることが判明したためである。

日米首脳の盟約により、何千億円もの巨費を投じて一部はすでに予算執行が始まっている最新兵器導入計画が、こんな些末な理由1つでいきなり停止されてしまうというのは、ある意味、河野防衛相はまことに結構な前例を作ってくれたわけで、沖縄県の玉城デニー知事が16日「コストと期間を考えたら、辺野古の方がより無駄な工事ではないか」と、この方式の辺野古新基地建設への応用を求めたのは、当然のことだった。

しかし、裏返せば、トランプ米大統領のご機嫌取りしか考えない安倍晋三首相が、日本に本当に「ミサイル防衛」システムが必要か、必要だとすればどこの国のどんなミサイル攻撃を想定してどれほどの迎撃能力を築こうとするのかという戦略論的思考を欠落させたまま、トップダウンで防衛省にこの買い物を押し付けたことが、このドタバタのそもそもの始まりである。安易極まりない導入計画だったからこそこんなことで簡単にコケたとも言えるのである。

そもそもイージス自体が時代遅れ

イージス・アショアの話は嘘で固められてきた。まず第1に、ロクに当たらない。北朝鮮なり中国なりロシアなりが日本に向けて発射したミサイルを空中で撃ち落とすというのは、ある専門家によれば「荒野の決闘で、相手が撃った弾丸にちょうど真ん中でこちらの弾丸を当てて相討ちにしようというアイデアで、まあ理論的な可能性と思ったほうがいい」という代物である。

第2に、それでも相手が固定された基地で事前に準備が進められているのを見ていて、発射された瞬間に「ホラ来た!」とばかりに弾道計算をし、即迎撃に入るというのであれば、その理論的な可能性が実現することもないとは言えない。しかし、今では北朝鮮のミサイルは山中に張り巡らされたトンネルに隠され、必要な時に忽然と姿を現していきなり発射する車輪付きで移動する発射台であったり、あるいはほとんど探知不能の潜水艦搭載のSLBMであったりして、奇襲攻撃が可能である。また、最近は軌道変更可能なミサイルや操縦可能な巡航ミサイル、多弾頭分裂型、ロフテッド軌道と言って2,000キロ以上の上空まで打ち上げて急速落下させる発射法などもあって、通常の軌道計算に頼る迎撃構想自体がすでに時代錯誤化しつつある。

第3に、さらに新しい事態として、ドローンによる変幻自在な攻撃や、高高度の宇宙空間まで打ち上げたミサイルで小型の核爆弾を爆発させそのマイクロ波の衝撃で地上のすべての電気機器や電子回路を破壊する「電磁波パルス」攻撃なども出現しつつあって、イージスはますます無意味である。

高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ

print

  • 突然のイージス・アショア停止で判った、安倍首相の戦略的大混乱
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け