「家賃支援給付金」申請受付スタートもネット「複雑」不満の声

2020.07.14
108
by 編集部サトシュウ
家賃支援給付金_アイキャッチ②
 

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業などの家賃負担を軽減するための「家賃支援給付金」の申請受付が、経済産業省のホームページで14日から始まった。しかし、ネット上では早くも「わかりづらい」「複雑」「手続きが大変」という声が上がっている。

家賃支援給付金のオンライン申請がスタート

家賃支援給付金は、「中小企業などの法人で最大600万円」「フリーランスを含む個人事業主で最大300万円」が一括で支給される。経済産業省のホームページには、「5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減する給付金を支給します」と書かれている。

支給対象となるのは、資本金10億円未満の中堅企業、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者で、条件はことし5月から12月の間の売り上げが、去年の同じ時期と比べてひと月で50%以上、または連続する3か月の合計で30%以上減少したこととなっている。

申請の期間は2020年7月14日から2021年1月15日までで、受付は原則としてオンラインのみで行われる。申請には賃貸借契約書や直近3ヵ月分の賃料支払実績を証明する書類、売上台帳など、必要となる書類が多いので注意が必要だ。

気になるのは申請してから、実際にどれくらいで給付金を受け取ることができるのか、ということだろう。経済産業省によると、確認事項が多くなるため、申請から2週間程度としている持続化給付金事業よりも時間がかかる見通しだという。

家賃支援給付金
image by:経済産業省ホームページ

ネットからは早くも不満の声

事業を営む人たちにとって、大きな負担となっている月々の家賃支払い。一刻も早い支援が必要となるが、申請したらすぐに給付されるというわけにはいかなそうだ。

すでに申請をしたという人たちは多くいるようだが、ネット上では「持続化給付金の時より大変」「時間がかかる」「申請はしたけど不備がないか心配」など不満の声が上がる一方、「計算したら給付の対象外だった」という悲痛な叫びもあるようだ。

家賃支援給付金の申請完了。
コレ持続化給付金とかの比じゃないくらい大変だな。今まで色々申請した中で1番手間取った。。。

諸々の書類準備してたけど数回の問い合わせ込みで2時間くらいかかったわ。不備が無いといいなあ/(^o^)\

— 阿波連 大竜 (@VoguA_Boss) July 14, 2020

家賃支援給付金もまた書類がめんどくせーよーー!!!

— ち✩るしー(橋本環奈) (@chell_dq10) July 14, 2020

家賃支援給付金の申請めちゃくちゃ時間かかる
終わったけど持続化給付金より大変だ…
チェックの方も骨折れるわ

— yuk (@yuk19898585) July 14, 2020

家賃支援給付金が始まった。持続化給付金のときよりさらに複雑になってるから申請不備がめっちゃ起こりそう

— たくと (@OTakuto0829) July 14, 2020

家賃支援給付金の申請サポートしたけど、持続化と比べてめっちゃ面倒いな

— 仲大盛 充司行政書士 琉球らぁめんマン (@atsu_nakaomori) July 14, 2020

家賃支援給付金
準備する書類が多くて萎える

— ころすけ@暇さえあればカジノ (@COVID19875) July 14, 2020

家賃支援給付金が対象外だった。政治が悪い。

— nittukyo (@nittukyo) July 14, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source&image by: 経済産業省ホームページ

print

  • 「家賃支援給付金」申請受付スタートもネット「複雑」不満の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け