ダイソー元名物社長がヨーカ堂の創業者から受けた「強烈な印象」

shutterstock_1473311795
 

100円ショップの代名詞的存在とも言えるダイソーの創業者、矢野博丈氏。個性的な言動で知られる矢野氏ですが、そんな彼をして「お会いした際の印象は強烈だった」と言わしめたのが、イトーヨーカ堂の創業者、伊藤雅俊氏です。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、伊藤氏との出会いにより起きた変化や気付かされたこと等を、矢野氏自らが語っています。

本当の商人の謙虚さ

100円ショップの草分けである大創産業(100円SHOPダイソー)の創業者・矢野博丈氏。いまから18年前の『致知』にご登場いただいた際、イトーヨーカ堂の創業者である伊藤雅俊氏と会われた際の忘れ得ぬエピソードをお話しくださいました。


イトーヨーカ堂の創業者・伊藤雅俊名誉会長とお会いした時の印象は強烈でした。

従来の経営者というのは泰然自若として、見るからに大物というイメージがありましたね。トップがあまり細かいことに口を出すと、人が育たないから駄目だという観念がありました。ところが伊藤会長は、社員のやることに対して一から十まで、いや一から百までああだ、こうだと叱っておられる。

当時売り上げが1兆3,000億円だったと思いますが、イメージ的にはそこらの酒屋のおやじとほとんど変わらない。あの姿を見て、日本の経営者理論は間違っているなと私は思いましたね。日本人は謙虚というものを、お坊さんの謙虚と勘違いしている。

本当の商人の謙虚というものは、生きるために必死になっている姿。それこそが商人の謙虚だと思いました。だから、私はそれまで社員を怒ったことはなかったんですが、伊藤会長にお会いした日を境に怒れるようになりました。それも必死に。

伊藤会長のお話の中で、いまでも忘れられないのは、「いいですね、潰れる心配のない会社のオーナーは」と言いましたら、「馬鹿やろう、俺だって月に1回は潰れる夢を見るよ!」と。もしいま全社員が100万円くれと要求してきたら、あっという間に380億円ふっ飛ぶんだと。もしいま台湾と中国が戦争を始めたら、もし天変地異が起きたら、もしうちが何か事故を起こして新聞で叩かれたら、客単価はすぐに100円下がって赤字になるんだと。だから、うちは決して安定の中にいるんじゃない。いつ潰れるか分からないんだと怒られました。

あれは、そごうもダイエーもマイカルも突き進んでいた時代でした。そんな時に、いつ潰れるかも分からんと。そのすごさ。やはりこれは、売れるプロセスを重視する伊藤会長の、人生観からくる強さですね。

image by: Ned Snowman / Shutterstock.com

致知出版社この著者の記事一覧

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 致知出版社の「人間力メルマガ」 』

【著者】 致知出版社 【発行周期】 日刊

print

  • ダイソー元名物社長がヨーカ堂の創業者から受けた「強烈な印象」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け