韓国も中国も。「安倍首相が土下座」像という、相手を貶める文化

shutterstock_1473443336
 

先日、韓国の植物園で、日本の安倍晋三首相をモデルにした男性が慰安婦像に土下座をしている銅像が設置されたとして、日本でも韓国でも大きなニュースとなりました。韓国本土でも賛否が分かれているという「土下座」像問題ですが、なぜこのようなことが起きてしまったのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、韓国のみならず、中国でも「相手国を貶める銅像」を作ったという過去の事例を紹介し、こうした両国の「文化」に疑問を呈しています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2020年7月29日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄こう・ぶんゆう
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【韓国・中国】銅像で相手を貶める文化

韓国 植物園 少女像前に男性像「安倍首相を象徴」とメディアに

韓国の植物園で、安倍晋三首相をモチーフにした男性が慰安婦に土下座する像が設置され、日韓で大きな話題となっています。

この像は、韓国北東部の江原道平昌にある「韓国自生植物園」という私立の植物園に展示されたもので、植物園は26日付の韓国メディア向けの発表文で、安倍首相を象徴した像であり、日本が歴史に向き合い謝罪することを求めて設置したと説明しています。

日本政府は、菅官房長官が、「そのようなことは国際儀礼上、許されない。仮に、報道が事実であるとすれば、日韓関係に決定的な影響を与えることになる」と強い不快感を示しましたが、それは当然でしょう。

韓国政府は、この像に対して詳しいコメントは出さず、「一般的に外国の指導者に対して国際儀礼はある」という一般論で逃げていますが、朴槿恵政権下で結んだ日韓慰安婦合意をまったく守ろうとしない文在寅政権の責任は少なくありません。

ただし、この植物園は6月にリニューアルしたばかりで、話題作りのためにわざわざこのような像を置いたという説もあります。8月10日には、元国会議員などを招いて除幕式を行うそうです。

● 慰安婦へ安倍首相「土下座」像のトンデモ 過疎施設の「客寄せ」?韓国内でも批判が…

しかし、あまりに反響が大きかったためか、日本メディアの取材に対しては、植物園側は「安倍首相だと特定しているわけではない」と発表文とは異なることを述べているそうで、いろいろと話の内容が変わっていくのは慰安婦の証言同様です。

日本メディアも、いちいち取り上げて大騒ぎすると、かえってつけあがる可能性があります。

こういった、謝罪の銅像をつくるというのは、中国も同じです。中国の海南省のホテルでは、跪いて中国人に謝罪する東条英機の像が飾られたことがありました。

● 【海南】跪いて謝罪する「東条英機像」を製作(写真)

それどころか中国では、約900年前の南宋時代、北方の金と和平を結び抗戦派を粛清したことで売国奴の代名詞となった、南宋の宰相・秦檜の像がつくられ、現在もなお、民衆からツバを吐きかけられたりしています。

● 日本人が見ると「中国人、根に持ちすぎ」と驚嘆する、中国の観光スポットとは?=中国メディア

print

  • 韓国も中国も。「安倍首相が土下座」像という、相手を貶める文化
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け