中国人も日本人も同じ。「成功者に群がる亡者」という共通の構図

shutterstock_499611712
 

毎回中国からお役立ち情報を届けてくださる、無料メルマガ『上海からお届け! 簡単3分、写真で覚える生活中国語』の日本人著者・ジンダオさん。今回は読者からの、「中華圏の人からビジネスの相談を受けたとき、どうすべきなのか」という質問に、自身の経験を交えつつ答えています。

中国人の友人にビジネスの相談を受けた!どう対処する?

私も体験があることですが、どう向き合えばいいか分からないですよね。メルマガ会員さんからも質問があったので私なりの見解をご紹介したいと思います。

距離が縮まると何かと相談をしてくる中国人。どこまで許容するか、だと思います。

旅の楽しみ。出会った中華圏の人たちからの相談

メルマガ会員さんから中国旅行や台湾旅行で知り合った中国人や台湾人に自分のビジネスに関係する日本企業や日本人を紹介してくれないか?と相談を持ちかけられたそうで、どう対応したらいいものか。と質問がありました。

メルマガ会員さんには「断った方がいい」と回答したのですが、理由は下手に回答するとグイグイと次の相談がやってくるから。

仲の深さにもよるんですが、しっかり責任を持って対応できないなら下手に回答せず、断る方がいいと思ったから。間違いなく次も頼ってくるんですよね。

紹介するのはいいんですが、紹介先の迷惑にならない友人なのか。もしくは紹介後も困った時に最後まで自分がフォローできるのか。もしくは許し合える間柄なのか。

そんな事を念頭に置いて判断した方がいいですよね。結局頼る日本人が居ないから相談をしている可能性がある訳ですから。

私もあった中国人に相談された実体験

実は私も同じ職場だった中国人(日本語可)に似たような事を相談されたことがあります。私の場合は「中国で日本のウイスキーを販売したい友人がいるんだが何か人脈がないか?」という相談でした。

ちなみに私の場合は相談してきた中国人との付き合いは8年以上。プライベートでも食事する仲。ただし離職後はそんなに連絡を取り合ってない関係。

私の場合は「そんな人脈はない」「日本語が出来るんだから自分で調べろ」「他の日本人に相談しろ」と伝えたのですが、それでも引き下がらない厄介な中国人。

その理由は「ジンダオ、顔が広そうだから」本当、相手のことを考えていない野郎です。また私の前に他の日本人に相談して、その日本人が私に相談しろと話を振ったようなのです。みんな自分勝手。

一人だけ思い当たる節はあったのですが迷惑もかかる。しかし一向に中国人の彼は引き下がらない。

仕方なくお酒関係の仕事をしている友人に相談してみると「最近、中国人からその手の話をよーく受けるんですよ」と一言。

「同じ事を考える輩が多い」と聞いた瞬間、それ以上は話を伝えず謝って、質問してきた中国人に「無理だって。同じ考えを持っている中国人が多くて対応できないんだと」と答えてオシマイにしたのでした。

ウイスキーの次は投資だぜっ!

正直、私に相談する時点で終わっている感じもするんですよね。私は単なる日本人ってだけなんで。顔が広い訳でもなく。その上、私は相談してきた中国人の友人がどんな人物なのか知らない。そんな相手に下手に人を紹介できないです。

中国人は短期勝負が大好き。なので流行りはじめの日本のウイスキーに飛びつきたい。コネも人脈もない。そうだ日本人のジンダオだ!とその程度の発想なんだと思います。

その後、彼とはもう一つの頼まれごとをきっかけに疎遠になってしまいました。

次に相談があったのは「投資話」でした。

ある日、久しぶりに彼からの電話が鳴りました。ちょっと相談したいと。ウイスキーの一件もあるし「面倒だな」と思ったのですが、彼の話を聞くと自分の友人が会社を作った。会社は投資会社でリターンも良い。お前も儲け話に乗らないか?という、よーくある話。

数年前の上海で地方都市の開発をうたった投資会社が竹の子なみにニョキニョキ起業していた頃の話で、70歳を越えた老人を中心に投資話を持ちかけて問題になっていました。

そんなタイミングでこの話。ちなみに投資額は最低20万元(300万円ほど)から。あら、ジンダオの1ヶ月分のお小遣いと同じじゃありませんか(信じないでくださいよ。真面目な人が多いんで)!

そこで私が聞いたのは「ところでお前は幾ら、友人に投資するんだ?」と質問をすると、「俺は家族もいて、小さい子供もいて、自宅のローンがあるので投資しない」と優等生の回答。

「友人のお前が投資しないのに、なんで俺が顔も知らないお前の友人の会社に投資しなきゃならんのだ?」と言い返し回答を求めると「なら、いいよ。ごめんごめん」と半ギレで電話が切れたのでした。

はっきりいって思考が破滅しています。

これは完全に自分のメンツだけを考えた行動と思うんですよ。

古い馴染みの付き合いのある友人がお願いをしてきた。自分はリスクを取りたくない。が、紹介してメンツを立てたい。だから誰かいないかと探す。居た!ジンダオ!!自分勝手な考えなんですよね。

こんな自分勝手な相談事が何回かあり、関わると疲れるので彼とは距離を置くことに。たぶん彼は軽く相談しただけで、悪いことをしたという意識はないと思います。

print

  • 中国人も日本人も同じ。「成功者に群がる亡者」という共通の構図
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け