女子ドン引き!「ドルチェ&ガッバーナおじさん」の痛すぎる生態とは

2020.08.24
377
by 編集部サトシュウ
shutterstock_177645416
 

無名の男性シンガーソングライター、瑛人による楽曲『香水』がYouTubeの再生数8000万回、各種サブスクリプションサービスの総再生回数も1億回を突破するなど、空前のヒットとなっているのは周知のとおり。

だが、この曲のヒットをきっかけに、「若者についていこう」、「若い女性にモテよう」と、“無理”をする中年男性が増えているという。そんな彼らは若者たちの間で、『ドルチェ&ガッバーナおじさん』と呼ばれているらしい。

「俺の時代が来た」おじさん族が勘違い

ドルチェ&ガッバーナといえば、言わずと知れたイタリアを代表する世界的なラグジュアリーファッションブランドだが、そこでしゃしゃり出てきたのが中年おじさんたち。実は彼らは元祖「ドルガバ世代」にあたり、若い頃に洗礼を受けている。

瑛人の歌がヒットし、そのミュージックビデオをものまねする芸人が続出して、ドルチェ&ガッバーナの知名度を一気に上げたことで、どうやら「俺の時代がきた」と勘違いをし、調子に乗ってしまっているようだ。

ドルチェ&ガッバーナの香水をつけ、ドルチェ&ガッバーナの洋服やアクセサリーを身にまとうおじさんたち。「俺、決まってるでしょ?」感がぷんぷん匂ってくるが、肝心の女性ウケは…どうやらイマイチだという。

女子ウケ最悪。ドルガバ中年はなぜ嫌われる?

記者の周辺でこのような話を女子から聞かされたので、実際に何人かに話を聞いてみた。

会社の上司がドルチェ&ガッバーナの香水をつけているという女性は、「もういいおじさんのくせにドルガバの香水つけてるとかありえない。まだ席が離れているから良いけど、同僚たちはみんな近くに寄ってこないで欲しいと思ってる」(26歳・IT)。

他にも、「自分の夫がドルチェ&ガッバーナの香水をつけていて、奥さんは何も言わないのだろうか?」(28歳・事務)、「マスクしているから何とかセーフ」(24歳・アパレル)、「勘違いしているおじさん、ドルガバに謝れ!」(38歳・金融)など、女子からは大ブーイング。

またネットを覗いてみても、「キモイ」「くさい」「うざい」といった言葉が並ぶ。

どうやら、汗やたばこにまみれたおじさんならではの体臭や加齢臭と、ドルチェ&ガッバーナの香水が相まみれて、周囲を不快にさせてしまっているようだ。

おじさんたちの体臭はもはやドルガバでもカバーできなくなっている。さらに、いちいち女子に対して「ドルガバアピール」をしてくるのがウザさに拍車をかけているのだ。

print
いま読まれてます

  • 女子ドン引き!「ドルチェ&ガッバーナおじさん」の痛すぎる生態とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け