菅内閣の目玉は「ワニ男」?デジタル担当相・平井卓也氏の問題発言と不適切行動

2020.09.16
425
by 編集部サトシュウ
平井デジタル担当相
 

自民党の菅義偉総裁が第99代首相に選出され、いよいよスタートする菅内閣。安倍前首相の路線を継承していくとみられる中、目玉となりそうなのが、菅新首相の肝いりであるデジタル庁創設。コロナ禍で露呈したデジタル化の遅れを是正し、国としてデジタル化を推進していくいう。しかし、その一方で、表現の規制も強化されてしまうのではないかとの心配の声も挙がっている。

デジタル担当相に就任した平井卓也氏とは

IT化へ向けた舵取りを任せられたのは、デジタル担当相に就任した平井卓也前IT担当相。平井氏は香川1区選出で当選7回を誇るベテラン議員。上智大学を卒業後に電通に入社した後、西日本放送代表取締役社長を務めた。2000年6月の衆議院選挙に無所属で出馬して初当選。その後すぐに自民党へ入党している。

自民党内きってのIT通として知られ、IT戦略特命委員長に就任しペーパーレス化を推進。2018年には第4次安倍改造内閣でIT担当相に就任した。

そんな平井氏が携わった仕事で最も知られているのが、自民党のアピールのために、スマホ用ゲーム『あべぴょん』を制作したことだろう。

代表作は『あべぴょん』と『LINEスタンプ』

これは安倍前首相を模した“あべぴょん”というキャラクターを操り、ひたすら上へ上へと目指すゲーム。安倍さんに気を使ったのか、キャラクターはだいぶ若く、男前にデフォルメされている。自民党がアプリ製作のためにかけた費用は推定1000万円。その割にはという気もするが、約30万ダウンロードを達成している、平井氏の代表作だ。

自民党きってのIT通が生み出したものは他にもある。2017年にはこちらも安倍前首相をキャラクター化したLINEスタンプを制作。「異議なし」「お疲れさま」「おやすみなさい」などの会話に対応した8種類のスタンプ(現在は配布期間終了)。こちらは若い頃の田村正和のようなイラストになっている。さすがは元電通、安倍さんへのヨイショは忘れない。

過去にはパソコンを使ったことがないという議員がサイバー担当の大臣になったりしていたが、平井氏がデジタル担当大臣に就任したことで適材適所といえそうだ。IT業界からは『ヒラタクさん』と呼ばれ、業界内でも信頼されているという。

print
いま読まれてます

  • 菅内閣の目玉は「ワニ男」?デジタル担当相・平井卓也氏の問題発言と不適切行動
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け