石原さとみ、突然の結婚発表のウラに創価学会?その意外な背景とは

2020.10.02
529
by 編集部サトシュウ
石原さとみ
 

誰もが驚いた、女優・石原さとみ(33)の突然の結婚発表。さとみファンはもちろん、世の多くの男性がため息をつき、悔しがった。相手は同い年の会社員男性で、挙式や披露宴は未定。会見の予定はなく、妊娠もしていないという。祝福ムードが漂う一方で、「入籍はこれから」というフライングでの結婚発表に疑問の声も…。何が結婚発表を急がせたのだろうか?そこには、石原さとみも学会員だという創価学会の影響があるのではとの見方が広がっている。

結婚発表は創価学会の「大切な日」に合わせた?

主演したフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」も好評のまま幕を閉じた石原さとみ。

ドラマ関係者に迷惑をかけないよう、最終回を待って幸せの報告をしたのかと思いきや、どうやらそうではないという推測が出始めている。

実は10月2日という日は、宗教法人創価学会が定める「世界平和の日」。1960年に現名誉会長である池田大作氏が世界平和のため、初の海外指導の旅へと出発したことから制定された。

そんな創価学会にとって“大切な日”に、学会員でもある石原は、結婚発表という自らの“大切な日”を合わせたのではないかと言われている。

そもそも石原さとみが創価学会信者であることは一部の間で知られた話。両親が学会員であることもあってか、石原は小学校から高校まで創価学会が関連する学校に通っていたという。今も大の仲良しだと語る石原の父親は、創価学会の幹部クラスという情報もネット上では伝えられている。

芸能界に数多くいる創価学会信者

石原さとみだけではない。芸能界には創価学会信者がとても多い。創価学会には「芸術部」という組織があり、タレントの久本雅美が高い地位にいるということは有名な話だ。

他にも、女優の岸本加世子や歌手の山本リンダ、高橋ジョージなどが知られているが、「え?あの人も!?」という芸能人たちもたくさんいる。

石原と同じ女優では上戸彩、井上真央、俳優陣には松山ケンイチ、段田安則。特に多いのがお笑い芸人で、加藤茶、仲本工事、山田花子、ナイツなどベテランから若手まで幅広い。

また、ジャニーズ関連では、滝沢秀明、松本潤なども創価学会員ではとの噂がある。

芸能人が創価学会信者になるパターンはいくつかあるが、石原さとみのように親の影響で小さい頃からずっと学会員の人間もいれば、大人になってから知人や友人を通して創価学会信者になる人も多い。

久本雅美は共演者やスタッフに対して熱心に入会を勧めることで知られ、久本を経由して創価学会員になる芸能人はかなりいるという。

print
いま読まれてます

  • 石原さとみ、突然の結婚発表のウラに創価学会?その意外な背景とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け