BTS(防弾少年団)痛恨のミス?中国でファン被害、なぜ韓国スターは自滅するのか

2020.10.14
111
by 編集部サトシュウ
BTS
 

韓国の人気グループ「BTS(防弾少年団)」が中国で思わぬ批判を受けている。きっかけは今月7日に韓米親睦団体が行った授賞式で、リーダーのRMが朝鮮戦争について触れたコメント。これに対し、中国では若者が反発し、「BTSファン狩り」が起きる事態になっている。なぜBTSにこのような災難が降りかかってしまったのだろうか?

BTSの「朝鮮戦争発言」に中国が激しく反発

7日にオンラインで行われた「2020 Van Fleet Award」の授賞式。韓国とアメリカ両国の関係の発展に貢献したとして受賞したBTSは、リーダーのRMが「両国(韓国とアメリカ)が共に経験した苦難の歴史と犠牲となった無数の男性、女性をずっと忘れない」とコメントした。

朝鮮戦争で亡くなった人たちに哀悼の意を表した形だが、この直後から、中国版Twitterウェイボー(微博)で非難が殺到。「中国がどれだけの犠牲を払ったか知らないのか」「BTSが宣伝するものはもう買わない」など批判的なコメントが相次いだ。

「#BTSが中国を侮辱した」というハッシュタグが生まれ、13日までに約1万8000人が投稿する事態となっている。

SNSが炎上しただけでは収まらない。過剰反応とも思える中国の若者たちは街中でも暴走。BTSのファングッズを持っているだけでいきなり殴られたり、蹴られたりする「ファン狩り」が起きているという。

この報道を受け、日本ではBTSを擁護する意見が目立っている。

しかし、今回の騒動は韓国企業にも影響が及んでいるようだ。

韓国を代表する総合家電メーカー「サムスン電子」や「現代自動車」は、BTSを起用した広告を中国のSNSから削除した。これは中国人による不買運動を回避するためとみられ、事態が大きくなる前に早めに手を打った形だ。

BTSの発言をきっかけに、韓国と中国に大きな溝ができる可能性も否定できない。今回の騒動でBTSを擁護する意見もあるが、政治的発言をしてしまったことを軽率だと指摘する声もある。

そこには韓国の教育問題が影響しているかもしれない。韓国の教育は外国への敵愾心を煽っているという見方もあり、本人たちは気付かないうちに、相手国の国民感情を逆なでしている恐れがありそうだ。

背景にあるのは朝鮮戦争、そして米中対立 

なぜ中国人はこの言いがかりのような怒りをBTSとファンに向けているのか?その背景には、今から70年前に起きた朝鮮戦争があるようだ(現在は休戦中)。

北朝鮮が武力統一を目指して韓国へ攻め込み戦争が勃発。アメリカ中心の国連軍が韓国を、中国の人民義勇軍が北朝鮮を支援し激しく戦った。

一時は北朝鮮軍が朝鮮半島の大部分の地域を制圧するまでの戦況となるなど、熾烈を極めた戦争は開戦から3年後に休戦。朝鮮半島全土が荒廃し、両軍に多くの死傷者を出すことになる。

この朝鮮半島についてBTSがアメリカ寄りの発言をしたことで、中国の若者たちが今回怒りの声を上げたようだ。

朝鮮戦争から70年が経過した節目の年で、愛国的なムードが漂う中国。コロナや貿易における米中対立もあり、今回の騒動は韓国の背後にアメリカの影を見ているという指摘もある。

print
いま読まれてます

  • BTS(防弾少年団)痛恨のミス?中国でファン被害、なぜ韓国スターは自滅するのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け