大塚家具の久美子社長が辞任。なぜ「理想の経営」はヤマダHDに飲み込まれたか

2020.10.28
62
by 編集部サトシュウ
大塚家具
 

大塚家具は28日、大塚久美子社長が12月1日付けで代表取締役と取締役を辞任すると発表した。大塚家具は昨年12月に、家電量販店大手ヤマダホールディングス(HD)からの出資を受け入れて傘下に入り、現在経営再建中。後任の社長は、ヤマダHD社長で大塚家具会長の三嶋恒夫氏が兼務する。MAG2NEWSでは過去に大塚久美子社長にインタビューを実施。その様子も合わせてご紹介していく。

大塚久美子社長の辞任発表に父「残念だ」

父親である勝久氏との経営権争いに勝利して会社から追放し、大塚家具の経営権を久美子氏が握ったのが2015年3月。それから5年半、大塚家具は一度も低迷から浮上することはなかった。

この日は2021年4月期決算の業績予想も公表。純損益は28億円の赤字(16カ月の変則決算だった前期は77億円の赤字)になる見込みとした。

同社は「前期に比べて大幅な改善がみられ、来期の黒字化に向けて道筋がつきつつある」とするものの、依然として道筋は厳しいと言わざるを得ない。過去の業績についての責任を明確にするため、久美子社長自ら辞任を申し出たとしている。
【関連】大塚家具「父娘共倒れ」の可能性? お家騒動から早5年、両社とも経営危機へ

ヤマダHDの支援を受け、経営再建を目指していたが、あまり上手く機能していたとは思えない。電機売り場の一角に家具売り場を開設するなどしていたが、中途半端感は否めず、売上の劇的な向上とはならなかったようだ。

MAG2NEWSでは過去に大塚久美子社長にインタビューを実施。当時は新体制になってから一年後で、2016年12月期の業績予想を16.6億円の過去最高の赤字見通しとなった時期。

久美子社長は「これまでも大塚家具の長い歴史において節目節目で赤字になった」と語り、まだまだ前向きな意見を述べていた。

【関連】大塚家具・久美子社長に聞いた「過去最悪の赤字」でも前向きなワケ

大塚家具

また、「このビジネスモデルの転換時に、大塚家具は非常に高い利益率を生み出す会社に生まれ変わります」とも述べ、新生大塚家具が世の中に認められることに期待を示していた。

しかし、無借金経営で自己資本比率が非常に高かった大塚家具も、貯金を全て使い果たし、経営が立ち行かなくなってしまった。

一部報道によると、久美子社長の辞任に対し、父親で元会長の勝久氏は「残念だ。言葉にできない」と語ったという。

ヤマダHDの支援を受けても、復活を果たすことができなかった大塚家具。同社の担当者によると、「大塚家具」の社名は変更しない方針だというが、その中身はガラリと変わってしまいそうだ。

print
いま読まれてます

  • 大塚家具の久美子社長が辞任。なぜ「理想の経営」はヤマダHDに飲み込まれたか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け