伊勢谷友介はなぜ薬物入手ルートをひた隠す?証言を拒む“黒い理由”3つ

2020.12.02
36
by tututu
682px-Toyota_MARK_X_ZiO_発表会_-_伊勢谷友介
 

大麻取締法違反容疑(所持)で逮捕、起訴された俳優・伊勢谷友介被告(44)の初公判が1日、東京地裁で開かれ、検察側は懲役1年を求刑した。伊勢谷被告は起訴内容を認めたものの、薬物の入手ルートについては「知人から」と述べるにとどまり、詳細を明らかにしなかった。なぜここまで伊勢谷被告は入手先をひた隠しにするのか。そこにはどうやらある裏の事情があるようだ。

伊勢谷友介被告、大麻の入手先にはだんまり

サイドを短く刈り上げたツーブロック。黒のタイトスーツで法廷に姿を見せた伊勢谷被告は、まるで映画の1シーンのように堂々と質問に受け答えした。

26、27歳頃にオランダで初めて大麻を使用したという伊勢谷被告は、断続的に「気持ちが高ぶったときや仕事の後に使っていた」と証言。コロナの影響で自宅にいる機会が増え、「空いている時間に使ってしまった」と明かしたことを日刊スポーツなどが報じている。

独特な低い声で答えていくものの、入手ルートに関してだけは口をつぐむ。逮捕の2~3日前に知人から約20グラムを約10万円で購入したと説明するが、「僕としては誰かを傷つける犯罪だとは思っていない。知人を世の中にさらすことが必要だとは思えない」と強い口調で述べたという。

入手先を明らかにすれば罪が軽くなる可能性があるのに、なぜ伊勢谷被告は一貫して黙秘を続けているのか。大麻を売った知人とは一体誰なのか。伊勢谷被告が口を割らない“黒い理由”を検証していくと、その背後には「友情」の一言では片付けられない、驚くべき事実があることがわかった。

【関連】松本潤にリベンジヌード?浮気相手が暴露写真集発売で井上真央との結婚に暗雲

黙秘する黒い理由①「半グレに弱みを握られている」

若い頃から六本木や西麻布などのクラブに入り浸っていた伊勢谷。そこにはモデルや俳優などが多数集まり、派手に遊んでいたという。

芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「伊勢谷は相当な遊び人ですよ。これまでも多くの有名女優との交際が報道されていますが、実際にはそんなものではありません。クラブでは連日、違う女性を連れている姿が目撃されています」

遊んでいるだけなら良かったが、そこへ近づいてきたのがいわゆる半グレ勢力だ。伊勢谷が通い詰めていた西麻布のクラブは、やがて薬の巣窟と呼ばれるようになる。

「伊勢谷に大麻を売ったのはこのクラブ人脈でほぼ間違いありません。ただし、売人側もリスクを背負うことになるから、伊勢谷が逮捕された時のために、何か弱みを握っているはずです。大麻を使用している写真とか、女とベッドで写っている写真とか。ドラッグパーティーで乱痴気騒ぎしている写真も考えられます。半グレはその辺の機転が利きますからね。写真は絶対に撮られているでしょう」(前出・週刊誌記者)

【関連】福山雅治がTWICEに“セクハラ”で炎上。パンツ配りおじさん「キモい」の嵐

裁判では「知人を世の中にさらすことが必要だとは思えない」と、ドラマの1シーンのようなセリフを言い放った伊勢谷。

しかし、入手先を黙っていることはかっこいいことでも何でもない。自分の弱みを握られ、ただ背後にいる男たちを怖がっているだけなのかもしれない。

print
いま読まれてます

  • 伊勢谷友介はなぜ薬物入手ルートをひた隠す?証言を拒む“黒い理由”3つ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け